エルリアンサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルリアンサウルス
生息年代: 白亜紀後期、72–68 Ma
Erliansaurus.jpg
復元骨格
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
上科 : テリジノサウルス上科 Therizinosauroidea
: テリジノサウルス科 Therizinosauridae
: エルリアンサウルス Erliansaurus
学名
Erliansaurus
Xu et al., 2002
  • E. bellamanus

エルリアンサウルスErliansaurus)は、中生代白亜紀に生息した獣脚類恐竜中国内モンゴル自治区で発見された。体長は3-4メートル程である。

テリジノサウルス科としては原始的なものと考えられる。尾椎には気嚢の発達を思わせる大きな側腔を持つなど独自の特徴も見られるが、基本的な特徴は他のテリジノサウルス類と共通する。頭骨は獣脚類としては体の割に小ぶりで、首と前肢は比較的長く、手には3本のよく発達したかぎ爪を備えていた。また、古竜脚類のものと似て、縁に鋸歯のある木の葉型の歯を持っていた。これらはいずれも植物の葉や種子を効率よく集め、食べるための適応と考えられている。腹部は獣脚類としては大きく、とても薄いが頑丈な腸骨が側方に張り出し、恥骨は後方へカーブして座骨と平行に走っている。これらは植物質を消化吸収するためのスペースを確保するのに必要な、大きな腸を収めるための適応と思われる。足は幅が広く、太く短い4本の指を持っていた。これは進化段階の高いテリジノサウルス類に共通して見られる特徴だが、獣脚類としては異例である。おそらく、走行よりも体重を支えることを重視した適応だと考えられている。

復元図

関連項目[編集]