エリザベス・ボールデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・ボールデン
Elizabeth Bolden
生誕 1890年8月15日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州サマーヴィル
死没 2006年12月11日(満116歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州メンフィス
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

エリザベス・ボールデンElizabeth Bolden, 1890年8月15日 - 2006年12月11日)は、アメリカテネシー州メンフィスに在住していた長寿世界一の女性。2006年12月11日、116歳118日で亡くなった。彼女はアメリカの人物としても、歴代3位の長寿記録を持っている。

1890年、解放奴隷の子として生まれ、1908年に結婚し、7人の子供を産んだ。2006年に彼女が死去した時点で生存していたのは89歳と86歳の2人だけであった。また、2006年の誕生日時点での地元紙の報道によれば、彼女には40人のと75人のひ孫、150人の玄孫、220人の来孫(玄孫の子)、75人の昆孫(来孫の子)がいたという。死の2年前からは脳卒中によりほとんど眠ったままであった[1]

なお、2006年8月に死去したマリア・カポヴィッラギネスブックが認めるまでの一時期、エリザベスが長寿世界一と認定されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エリザベス・ボールデンさん死去 長寿世界一の116歳 米女性 読売新聞 2006年12月12日夕刊19ページ
先代:
マリア・カポヴィッラ
長寿世界一
2006年8月27日-2006年12月11日
次代:
エミリアーノ・メルカド・デル・トロ