エドナ・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Edna Parker
エドナ・パーカー
(2007年8月28日、114歳の時のパーカー)
生誕 1893年4月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州ジョンソン郡
死没 2008年11月26日(満115歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州シェルビービル
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 教師

エドナ・パーカーEdna Parker, 1893年4月20日 - 2008年11月26日)は、かつて世界最高齢だったアメリカ合衆国の女性。インディアナ州ジョンソン郡出身。

来歴[編集]

彼女は農家に生まれ、フランクリン大学で教師の資格を取った。そして1911年に隣家に住むアール・パーカーと結婚するまで、スミスランドにある2クラスしかない学校の教師を務めた。パーカーとの間には2人の息子ができ、2007年10月時点で5人の孫、14人の曾孫、13人の玄孫がいた。

2005年4月7日にインディアナ州の最長寿、2007年1月19日にインディアナ州の歴代最長寿、2007年2月14日にアメリカ合衆国最長寿となり、2007年8月13日に日本の皆川ヨ子が死去したことに伴い、長寿世界一となった。

2007年4月、彼女は114歳の時に、当時113歳で世界で5番目に長寿だったバーサ・フライと対面した。この時の2人の年齢の合計227歳と142日は、対面した2人の人物の年齢の合計の世界記録である。

2008年11月26日、インディアナ州の療養施設にて死去、115歳と220日だった。


記録
先代:
皆川ヨ子
存命人物のうち世界最高齢
2007年8月13日 - 2008年11月26日
次代:
マリア・デ・イエス