ジェロントロジー・リサーチ・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェロントロジー・リサーチ・グループ英語:Gerontology Research Group、略称:GRG)は、国際的な老年学研究者団体。1990年にメールグループeGroups英語版内において設立され、ロサンゼルスカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて毎月会合が行われている[1][2][3]。本来の目的は、若返りや老化を遅らせるといったことを実現するため老年学研究を推し進めることである。しかし、いわゆるスーパーセンテナリアン(supercentenarian、110歳以上の人物の意)の消息を確認する活動が最も注目されている[4][5]

概要[編集]

GRGはスーパーセンテナリアン研究財団の理事長・会計を務めるL・スティーヴン・コール英語版[6][7]、スティーヴン・M・ケイ[1]によって共同創立された。GRGの調査は出生記録と結婚証明書を用いて行われており、2008年版のギネス世界記録によれば、同書の「世界で最も長生きした人物」のカテゴリーにおいても利用されている[3][8][9][10]ニューヨーク・タイムズはスーパーセンテナリアンの確認を行う上で、GRGの結果は信頼性が高いと認められているとしている[10][11]

GRGは全ての哺乳類種の寿命の限界を調査するための組織として始まり、任意の時点で誰が最長寿であったのかを解明するために「長寿である」という主張の裏付けを調査する委員会を1998年-1999年頃にスタートさせた[3]。委員会はおおよそ80人前後の、生存が確認されたスーパーセンテナリアン(その大半は女性である)の消息を追跡している[6]

行政見解との相違[編集]

日本の厚生労働省など行政機関が最長寿者を認定しても、家族や本人が名前の公表を希望しない場合は意志を尊重し非公表とする場合があるが、GRGでは実名を掲載するため、GRGにおいても生存が確認された人物については名前が判明する場合がある。2008年4月5日から2010年5月2日まで長寿日本一、2009年9月11日以降は長寿世界一でもあった沖縄県在住の知念カマは生前、氏名を非公表としていたが[12]、GRGのリストには名前が掲載されていた。なお死去以前にも実名を報じていた報道機関は存在した[13]。また2011年12月2日に日本最高齢者だった長谷川チヨノが死去した後、厚生労働省は神奈川県川崎市在住の女性が日本最高齢の女性になったと発表したが[14]、しかし当時のGRGのリストには全世界分の存命人物を参照しても該当する人物はおらず、大阪府大阪市在住の大川ミサヲが確認された女性の日本最高齢としていた。2012年9月14日に大川より72日間だけ年長の日本人女性大久保琴がリストに加えられ[15]、厚生労働省との見解は一致することとなった[16]

死亡日が確認できないケース[編集]

日本国内では、毎年9月に各都道府県の100歳以上の人口かつ都道府県内の最高齢者の年齢、生年月日、氏名を公表している。その年の最高齢者の氏名と前年の最高齢者の氏名が一致していないケースがあり、前年の最高齢者の死亡日を公表しないまま次年の最高齢者の氏名を公表している。なお、このケースはいずれも日本国内である。

脚注[編集]

  1. ^ a b Kaye, Steven M.. “General Concepts for Directions to Proceed with the 21st Century Biotechnology Group.”. Joint Venture Partners. http://www.jvp.com/news.html 2012年1月19日閲覧. "前述の哲学や技術開発はロサンゼルスのジェロントロジー・リサーチ・グループの博士や科学者がもたらした。スティーヴン・M・ケイとスティーヴン・コール博士の両医師が共同で1992年に設立したジェロントロジー・リサーチは、「ランド社」の延命の研究開発を行うシンクタンクとなった。" 
  2. ^ “Odds of reaching 100 get better.”. Pittsburgh Tribune Review. (2006年6月1日). "…非営利的ボランティア組織のジェロントロジー・リサーチ・グループによれば…" 
  3. ^ a b c “Research group tracks oldest-living people.”. Daily Bruin. (2004年6月10日). http://www.dailybruin.ucla.edu/archives/id/29038/ 2007年10月31日閲覧. "彼らは(その水を飲めば若返るという伝説がある)不老の泉を使うことなく、不老不死を実現するための方法を追究している。…GRGはギネス世界記録と密接に作業を行なっており、その研究結果は年次で刊行される世界記録の本において、世界で最も生きた人物の根拠として使われていると考えられている。…コールは約1年前、ギネスブックが人々の年齢を確認するための一次資料としてGRGの結果を使い始めたと付け加えた。" 
  4. ^ “The 100+ club”. 英国放送協会. (2005年9月2日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4207850.stm 2012年1月19日閲覧. "スーパーセンテナリアンという用語は110歳以上の人々のことを指し、アメリカのジェロントロジー・リサーチ・グループによれば、世界には現在68人存在する。その中にイギリス生まれは存在しない。d'Abreu氏はインドで生まれた。" 
  5. ^ “One of oldest Portuguese women, 110, dies.”. Modesto Bee. (2007年11月9日). http://www.modbee.com/local/story/116387.html 2012年3月31日閲覧. "…ジェロントロジー・リサーチ・グループによれば、サンデルス氏は最期の10年間を米カリフォルニア州マーセドのラ・シエラ・ケアセンターにて過ごした…" 
  6. ^ a b Supercentenarian Research Foundation”. ジェロントロジー・リサーチ・グループ. 2007年10月31日閲覧。 “スーパーセンテナリアン研究財団の理事長・会計のL・スティーヴン・コール氏”
  7. ^ “Researchers Work to Crack Code of Long Life”. Web MD. (2004年5月21日). http://www.webmd.com/medicare/news/20040521/researchers-long-life 2012年3月31日閲覧. "人間を110歳まで意図的に生かすことはできない。「(ジャンヌ・カルマンのような110歳を超える)彼らは年を取らないからだ。全く偶然に遺伝子的に運が良かっただけで、現在生きている人達に医学的な介入を行うことはできない」と、UCLAのロサンゼルス・ジェロントロジー研究グループの老年学研究者であるL・スティーヴン・コール氏は語る。" 
  8. ^ Guinness World Records 2008. (2008). pp. 67. ISBN 1-904994-19-9. 
  9. ^ Zaslow, Jeffrey (2005年2月28日). “Gerontology sleuths search for 'supercentenarians'”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://www.post-gazette.com/pg/05059/463487.stm 2012年3月31日閲覧. "彼女が高齢であるというのは「観光業界がでっち上げたウソだった」と、GRG共同設立者であり医者、またUCLAのデイヴィッド・ゲフィン医科大学院(GRGの本拠地である)において幹細胞を研究しているL・スティーヴン・コールは語る。GRGは疑いなく115歳に到達した人物は12名のみであるとしている。…ギネス世界記録は長寿記録の裏付けに、14歳のGRGを信頼している。…" 
  10. ^ a b “Researchers are studying what causes some people -- such as two OC...”. オレンジ・カウンティ・レジスター紙. (2004年8月3日). "コールはロサンゼルスのジェロントロジー・リサーチ・グループの共同設立者である。これは、出生記録と結婚証明書を用いて、ギネス世界記録のスーパーセンテナリアンに関する記録を検証している。…" 
  11. ^ Medina, Jennifer (2007年1月30日). “In Connecticut, World’s Oldest Woman Dies at 114.”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2007/01/30/nyregion/30old.html 2012年3月31日閲覧. "この問題の権威であるジェロントロジー・リサーチ・グループによれば、先月だけで世界最長寿者の肩書きは2回所有者が代わり、3人が保持した。「ギネス世界記録はついていけないでしょう」とグループの重役であるUCLAのL・スティーヴン・コール博士は語る。「今はかなり不安定な時期だ。通常、世界一の座はもう少し安定している」" 
  12. ^ “ガートルード・ベインズさん死去 世界最高齢の米国人女性”. 共同通信. (2009年9月12日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091201000031.html 2012年1月24日閲覧。 
  13. ^ “世界最高齢の115歳女性が死去、沖縄県女性が長寿世界一に”. AFPBB News (フランス通信社). (2009年9月12日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2640447/4571012 2012年1月19日閲覧。 
  14. ^ “長寿日本一長谷川さん死去 京都の男性が最高齢に”. 共同通信. (2011年12月2日). http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120201001661.html 2012年1月18日閲覧。 
  15. ^ Validated Living Supercentenarians”. ジェロントロジー・リサーチ・グループ. 2012年9月16日閲覧。
  16. ^ “全国の100歳以上高齢者が初の5万人超え 過去最多更新 最高齢は115歳”. 産経新聞. (2012年9月14日). http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120914/ecc1209141455001-n2.htm 2012年9月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]