エヴァ・モリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴァ・モリス
Eva Morris
生誕 1885年11月8日
イギリスの旗 イギリス スタッフォードシャー
死没 2000年11月2日(満114歳没)
イギリスの旗 イギリス スタッフォードシャー
住居 イギリスの旗 イギリス スタッフォードシャー
国籍 イギリスの旗 イギリス

エヴァ・モリス(Eva Morris、1885年11月8日 - 2000年11月2日)は、1999年12月から2000年11月まで長寿世界一だったイギリスの女性。

1999年11月20日アニー・ジェニングスの死去に伴い、エヴァ・モリスは英国最長寿かつヨーロッパ最長寿の人物となる。同年12月30日、119歳97日のサラ・クナウスが死去し、114歳52日だったエヴァが世界最長寿となった。この時期、ドミニカに住むエリザベス・イスラエルが当年125歳であるという申し立てがあったが、ギネスブックは生年月日のはっきりしているエヴァを世界最長寿と認定した。

メイドとして働き、1930年代に夫を亡くして未亡人となる。エヴァには一人だけ子供がいたが、1975年に62歳でのため死去している。エヴァ自身は107歳で胸を患うまで一人暮らしをしており、その後福祉施設に入ってそこで最晩年を過ごした。

エヴァの友人達によると、エヴァは老いてもなお時折りタバコを嗜み、自転車にも乗ったという。長寿の秘訣はウイスキーと茹でたタマネギであった。

115歳の誕生日を6日後に控えていた2000年11月2日、エヴァは眠ったままその生涯を閉じた。114歳と360日であった。1885年生まれの最後の生き残りでもあった。

エヴァの死去に伴い、フランスのマリー・ブレモンが世界最長寿となった。

先代:
サラ・クナウス
長寿世界一
1999年12月30日 - 2000年11月2日
次代:
マリー・ブレモン