エジプト第16王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エジプト第16王朝紀元前17世紀頃 - 紀元前16世紀頃)は第2中間期時代の古代エジプト王朝。第16王朝が存在した時代はいわゆるヒクソス(ヘカ・カスウト 「異国の支配者達」の意)が第15王朝を形成してエジプトを支配していた時代である。第16王朝は第15王朝に従属する諸侯を纏めたものであると考えられる。テーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール[1])の第17王朝が勢力を伸ばし第15王朝を滅ぼすと、第16王朝と呼ばれた諸侯の領土もテーベ政権の支配下に入った。第15王朝を「大ヒクソス」と呼ぶのに対し、第16王朝を「小ヒクソス」と呼ぶ場合があるが、通常ヒクソスと言えば第15王朝の諸王を指す。

歴代王[編集]

第16王朝についてまとまった歴史記録はほとんど無い。マネトは第16王朝に32人のヒクソス王がいたと記しているが個々の王名は挙げられていない。トリノ王名表には第16王朝に分類される王が記録されているが、これらの王は同時代史料にはほぼ登場しない。僅かにアナテル(アナト・ヘル)王とヤコブアアム王の名が当時の下エジプトナイル川三角州地帯)と南パレスチナで発見されたスカラベなどに記されているのが発見されているのみである。

以下に示す一覧は英語版ウィキペディアからの一覧を転載したものであるが、他の資料等との間に整合性の取れない王名もあり正確性を保障されたものではない。

[編集]

  1. ^ 紀元前3世紀のエジプトの歴史家マネトの記録ではディオスポリスマグナと呼ばれている。これはゼウスの大都市の意であり、この都市がネウト・アメンアメンの都市)と呼ばれたことに対応したものである。この都市は古くはヌエと呼ばれ、旧約聖書ではと呼ばれている。ヌエとは大都市の意である。新王国時代にはワス、ワセト、ウェセ(権杖)とも呼ばれた。

参考文献[編集]