エジプト第23王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エジプト第23王朝紀元前818年 - 紀元前715年頃)は、第3中間期古代エジプト王朝。第22王朝の王族であったペディバステト(ペディバステス)がレオントポリス英語版(古代エジプト語:タレム)で打ち立てた。当然ながら第22王朝と同じくリビア系の血統を持つ王朝であり、リビア人の王朝、或いはレオントポリス朝とも呼ばれる。

歴史[編集]

第22王朝ではシェションク3世の時代以降、中央政府の求心力が衰え各地で分離の動きが相次いだ。第23王朝はそうした諸勢力の先駆けとなるもので、王子ペディバステトがシェションク3世の治世第8年(前818年)に下エジプトのレオントポリスで王位を主張して第22王朝とは別の王家を開いたことで成立した。この年代はカルナック神殿にある碑文記録などから確かめられており、比較的支持者の多い編年である。

第23王朝の歴史についてはよくわからないことが多いが、ペディバステトの跡を継いだシェションク4世、続くオソルコン3世の時代を経て中部エジプトのヘラクレオポリス英語版(古代エジプト語:ネンネス)周辺にまで勢力を広げ、オソルコン3世の王子タケロト3世をヘラクレオポリスの長官に任じている。

カルナック神殿の碑文記録では第22王朝の王に関する記録はシェションク3世を最後に途切れており、第23王朝が上エジプトでも強い権威を発揮していたものと考えられる。しかし第22王朝と第23王朝の複雑な関係は総じてよくわかっていないのが現状である。

しかしオソルコン3世の跡を次いでヘラクレオポリスの長官であったタケロト3世がレオントポリスに戻り王位を継承すると、その後のヘラクレオポリスの統治を任されたペフチャウアバステトはタケロト3世の姪[1]を妻として王を名乗り第23王朝の支配から脱してしまった。

タケロト3世の死後、王弟ルドアメンが王位を継承したが短命に終わり、続いてイウプト2世英語版が王位を継承した。イウプト2世の治世の頃には、更にエジプトの王権分裂は進み、ヘルモポリスではニムロトが、サイス第24王朝)ではテフナクト1世英語版が成立して相互に争った。

こうしたエジプトの分裂を目にし、南方で強固な王国を築き上げていたヌビア人英語版第25王朝)の王ピアンキ英語版はエジプトへの遠征を決意した。ヌビアでは新王国時代のエジプト統治を経て、エジプト文化が広く浸透しその王はエジプト風にファラオの称号を持って呼ばれ、カルトゥーシュの中に王名を記し、国家神としてアメン神を信奉するようになっていた。ピアンキの主張では、彼のエジプト遠征は「旧宗主国の秩序を立て直し、アメン神の権威を回復する」ものであった。

イウプト2世は他の分立していた諸王、即ちタニス(第22王朝)のオソルコン4世英語版ヘラクレオポリス英語版のペフチャウアバステト、ヘルモポリスのニムロト、そしてサイスのテフナクト1世らと同盟を結んでこのヌビア人の侵攻に当たったが、敗北してその軍門に下った。イウプト2世はピアンキ王に忠誠を示すという条件の下で、名目的な王号と領地を安堵されたが、独立勢力としての第23王朝の歴史は終焉を迎えた。

歴代王[編集]

以下に歴代王の一覧を記す。まずマネト[2]の記録では第23王朝の歴代王は、タニスの4人の王からなるとある。タニスの王とされているのは、マネトがこの王朝を第22王朝の分家とみなしていたからである可能性もある。マネトによる一覧は以下の通りである。

このうちペディバテスはペディバステト、オソルコはオソルコンに対応する名前であるが、同時代史料にある王名一覧とマネトの記録には異動が多い。次に同時代史料その他から復元されている王一覧を記す。王名は原則として「即位名(上下エジプト王名)・誕生名(ラーの子名)」の順番に記す。イコールで結ばれた名前は全て即位名である。在位年代は参考文献『ファラオ歴代誌』の記述によるが、年代決定法その他の問題から異説があることに注意されたい。

[編集]

  1. ^ タケロト3世の弟で後継者となったルドアメンの娘。
  2. ^ 紀元前3世紀のエジプトの歴史家。彼はエジプト人であったが、ギリシア系王朝プトレマイオス朝に仕えたためギリシア語で著作を行った。

参考文献[編集]