エジプト第14王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エジプト第14王朝紀元前17世紀頃?)は古代エジプトの王朝。この王朝が支配した領域は下エジプトナイル川デルタ地帯)のごく一部であったと推定されている。その歴史について残る記録は少なく、全体像はよく分かっていない。

歴史[編集]

恐らく第14王朝は第13王朝末期に並存していた勢力であった。マネト[1]の記録によれば第14王朝には76人のクソイス英語版の王がいた。クソイスはストラボン[2]の記録によれば下エジプトの内部にあって島でもあり都市でもあったとされている。このクソイスは恐らく今日のサカで、下エジプト第6県[3]にあったと考えられている。

トリノ王名表に記録されている王のうち何人かは第14王朝の王であると考えられているが、彼らについての史料はほとんど残されていない。これらの王のうちベブネムは恐らくアジア名であり、アジア人の支配者がデルタ地帯に自立勢力を作っていたことが伺われる。また、第14王朝の王の中で若干の史料が残されているのがネヘシ英語版王である。彼は恐らくアジア人ではなくエジプト人の高官の息子であったと考えられている。フト・ウアレト英語版古代エジプト語ḥw.t wr.t、現在のテル・アル=ダバア英語版遺跡)から発見された神殿遺跡から彼の名前が発見されている他、周辺からも彼の記念物が見つかっている。ネヘシ王の記念物の分布が下エジプト東部の狭い範囲に集中していることから、彼の王国はフト・ウアレト周辺の小さな勢力であったことが分かる。

このように第14王朝の王について具体的に分かる事はほとんど無い。また第14王朝の王とされている人々が果たして本当に同一の勢力、家系に属したのかも判然としないのである。その終焉の時期もはっきりしないが、少なくても第14王朝が支配していた下エジプト東部は紀元前17世紀後半には第15王朝(大ヒクソス)の勢力範囲に入ることになる。

[編集]

  1. ^ 紀元前3世紀のエジプトの歴史家。彼はエジプト人であったが、ギリシア系王朝プトレマイオス朝に仕えたためギリシア語で著作を行った。
  2. ^ 紀元前後、古代ローマ時代のギリシア人地理学者。
  3. ^ 下エジプト第6県の大まかな位置についてはこちらを参照

参考文献[編集]