ウィリアム・メディル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・メディル(William Medill1802年または1803年 - 1865年9月2日)はアメリカ合衆国オハイオ州民主党の政治家。第22代オハイオ州知事。

デラウェア州ニューキャッスル郡で生まれ、メディルはオハイオ州下院議員に選出され1835年から1838年まで務め、1836年から1837年までは下院議長であった。 彼は1838年に連邦下院議員に選出され、1839年から1843年まで務めた。 1842年、3選を逃す。 郵政長官の補佐(the second assistant postmaster general)をしばらく務めた後、メディルはジェームズ・ポーク大統領にインディアン事務委員(Commissioner of Indian Affairs)に任命された。 1850年にオハイオ州に戻り、1850年から1851年の州憲法制定会議の議長を務めた。 新設されたオハイオ州副知事に1851年に選出され1852年に就任、ルーベン・ウッド知事がチリの領事館に移るために1853年7月13日に辞任するまで務めた。 メディルは州知事となったが、1855年に反奴隷制主義者のサーモン・チェイスに再選を阻まれた。

先代:
-
オハイオ州副知事
1852年 - 1853年
次代:
ジェームズ・マイヤーズ
先代:
ルーベン・ウッド
オハイオ州知事
1853年 - 1856年
次代:
サーモン・チェイス