アレン・トリンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレン・トリンブルAllen Trimble1783年11月24日 - 1870年1月3日)はアメリカ合衆国オハイオ州の政治家である。 第8代、第10代オハイオ州知事。

バージニア州オーガスタ郡アメリカ独立戦争の軍人の家に生まれ、1804年、オハイオ州ヒルズボロの近郊に移る。 米英戦争への従軍の後、オハイオ州下院議員を1816年から1817年まで、オハイオ州上院議員を1818年から1826年まで務め、州上院では議長にもなった。 1822年にイーサン・ブラウンが上院選出馬のために知事を辞任した事から、1月から12月まで知事となった。 その年、トリンブルは再選を期して出馬するも敗れるが、4年後の選挙には当選し、1828年まで2度目の知事を務めた。 1830年の当選は目指さなかった。 それから彼は農業へと退いたが、1855年にはノーナッシング党Know-Nothings)の指名を受け容れた。

先代:
イーサン・ブラウン
オハイオ州知事
1822年
次代:
ジェレマイア・モロー
先代:
ジェレマイア・モロー
オハイオ州知事
1826年 - 1830年
次代:
ダンカン・マッカーサー