トーマス・ワージントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・ワージントンThomas Worthington1773年7月16日 - 1827年6月20日)はアメリカ合衆国オハイオ州民主共和党の政治家である。 第6代オハイオ州知事。

来歴[編集]

バージニア州チャールズタウン(現在はウェストバージニア州)で生まれ、1796年にオハイオ州ロス郡に移った。 1799年から1803年まで準州下院議員であり、1803年、州憲法制定会議にも代表として務めた。 その1803年にはオハイオ州からの初の上院議員のひとりとして選ばれ、1807年までその地位にあった。 1810年12月、上院議員リターン・メグズの辞任とともに再び上院に入り、州知事選挙に当選して辞任する1814年12月まで議員を務めた。 それから2年後に知事に再選されると、州都をチリコシーからコロンバスに移した。 1818年での三選は狙わなかった。 1821年、死去したウィリアム・トリンブル(William Trimble)の残り任期となる3期目の上院議員を目指すも、オハイオ州の現職知事であったイーサン・ブラウンに敗れ、かわりにオハイオ州下院へと戻った。

ワージントン市は彼から名づけられたものである。

先代:
オスニール・ルッカー
オハイオ州知事
1814年 - 1818年
次代:
イーサン・ブラウン