イ坊空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「濰坊空港」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
濰坊空港
Weifang Airport
IATA:WEF-ICAO:ZSWF
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
設置場所 山東省坊市
空港種別 軍民共用
位置 北緯36.646592度 東経119.118662度 / 北緯36.646592度 東経119.118662度 / 36.646592; 119.118662座標: 北緯36.646592度 東経119.118662度 / 北緯36.646592度 東経119.118662度 / 36.646592; 119.118662
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
17/35 ? 2,600×? 舗装
リスト
空港の一覧
坊空港
各種表記
繁体字 濰坊機場 
簡体字 潍坊机场
拼音 Wéifāng Jīchǎng
発音: ウェイファン ジーチャン
英文 Weifang Airport
テンプレートを表示

坊空港(いほうくうこう)は、中華人民共和国山東省濰坊市奎文区にある軍民共用飛行場である。

就航路線[編集]

  • 国際線は、旅客便・貨物便ともに運航していない。

旅客便[編集]

航空会社 就航地
中華人民共和国の旗 海南航空 (HU) 広州白雲国際空港(広州)
中華人民共和国の旗 天津航空 (GS) 北京首都国際空港(北京)、上海浦東国際空港(上海)

貨物便[編集]

航空会社 就航地
中華人民共和国の旗 中国貨運郵政航空 (8Y) 上海虹橋国際空港(上海)、瀋陽桃仙国際空港(瀋陽)
中華人民共和国の旗 揚子江快運航空 (Y8) 北京首都国際空港(北京)、杭州蕭山国際空港(杭州)

人民解放軍坊空軍基地[編集]

当空港は、軍民共用飛行場であり、人民解放軍空軍坊空軍基地として運用している。本基地では、済南軍区空軍司令部隷下の1個師団が駐留している。1個師団は3個航空連隊から成る。通常、航空連隊は3個飛行隊に、飛行隊は3個小隊という編成になっている。1個小隊は通常は定数4-5機なので、1個航空連隊の総数は36-45機となり、1個師団は108-135機となる。この師団は攻撃機部隊である。[1]第14航空連隊は、Q-5からJH-7Aに機種転換が行われた。[2]

済南軍区空軍司令部隷下

  • 第5強撃機師団
    • 第13航空連隊(Q-5装備)
    • 第14航空連隊(JH-7A装備)
    • 第15航空連隊(Q-5装備)

出典[編集]

  1. ^ 石川潤一 「中国空軍近代化の全貌」『軍事研究』、ジャパン・ミリタリー・レヴュー、2005年4月号、64頁-79頁
  2. ^ 石川潤一 『世界の空軍 (ミリタリー選書)』、イカロス出版、2009年7月

外部リンク[編集]