イーリング・ロンドン特別区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーリング・ロンドン特別区
London Borough of Ealing
Ealing
グレーター・ロンドン内における位置
地理
行政上の地位 ロンドン特別区
面積
— 総面積
265位 (326地区中)
55.53 km²
ONSコード 00AJ
人口統計
人口
— 合計 (2010年推定)
— 人口密度
18位 (326地区中)
318,500人
5,736人 / km²
民族構成 58.9% 白人
(45.5% 英国人
3.9% アイルランド人
9.5% その他)

1.0% カリブ系混血
0.5% アフリカ系混血
1.3% アジア系混血
1.0% その他 混血
15.0% インド人
3.9% パキスタン人
0.5% バングラデシュ人
3.9% その他のアジア系人
4.0% カリブ系黒人
4.1% アフリカ系黒人
0.6% その他の黒人
1.4% 中国人
3.8% その他

政治
行政府 Leader & Cabinet
首長 Cllr John Gallagher
英国議会下院選出議員 Stephen Pound
Angie Bray
Virendra Sharma
ロンドン議会
選出議会議員
Ealing and Hillingdon
Richard Barnes
ポストコード
警察
UB, W
ロンドン警視庁
公式サイト www.ealing.gov.uk


イーリング・ロンドン特別区 (イーリング・ロンドンとくべつく、: London borough of EalingEn-uk-LBEaling.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]) は、イギリスイングランド南東部、ロンドン (グレーター・ロンドン) の西部に位置する特別区

概要[編集]

イーリング特別区には企業の駐在員などの日本人が多く居住している為、周辺には日本料理レストランや日本食材店などが多く見られる[1]ほか、ウェスト・アクトン地区には日本人学校 (The Japanese School) も存在する[2]など、日本人コミュニティが発達している。

歴史ある映画スタジオのイーリング・スタジオがあるイーリング、ハンウェル、アクトン、ノーソルト、グリーンフォード、またインド人街であるサウスオールが区内に所在する。

地理[編集]

西はヒリンドン特別区、北はハーロウ特別区およびブレント特別区、東はハマースミス・アンド・フラム特別区、南はハウンズロー特別区と隣接する。

1965年に、ミューニシパル・バラ・オブ・イーリング、ミューニシパル・バラ・オブ・サウスオールおよびミドルセックス州のミューニシパル・バラ・オブ・アクトンの3つの自治体が合併して誕生した。

区域のうち330haメトロポリタン・グリーン・ベルト英語版に指定されている。

地区[編集]

ナショナル・レールとロンドン地下鉄の駅[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イギリス・ロンドン・イーリングとアクトン地区の住宅情報”. JC International Property. 2012年5月5日閲覧。
  2. ^ ロンドン日本人学校
  3. ^ a b c Town twinning”. Ealing Council. 2012年5月5日閲覧。 (英語)

外部リンク[編集]