イカそうめん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イカそうめん(割烹料理店)
添え物(つま、など)は標準的である。手前から順に、下ろし山葵、穂紫蘇(つきのシソの穂)、青紫蘇(紫蘇の青葉)。
イカそうめん(和風レストラン)

イカそうめん(同義異字:烏賊素麺いかソーメン、等々)は、生のイカ状に細く切り、醤油つゆめんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理[1]。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される[1][2]

語源[編集]

「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という[3]。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが[4][5][6]、ただしその言い方には語弊がある[注 1]

特徴[編集]

イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」[7]とする文献もあるが、「トコロテンのよう」[4]、「幅5mm」[8]などと太さについての記述はまちまちである。

細切りは一杯に丼に盛り[7][4]、つけだれは、醤油をショウガ(生姜)と和えた生姜醤油[4][1]、あるいは、めんつゆ(麺露)[1][7]を使う。場合によっては平皿に盛られ[1][7]ワサビ醤油を用いてもよい[8]

「文字通りそうめんのようにツルツルと頂く」ものであるが[1]、上述したようにそうめんの細さ(1.7mm)とは限らず、「うどんのように食べる」とも形容されている[7]

函館などイカの水揚げ地では、鮮度の良いものは身が透き通っていて[1]歯応えもあり、「特に、活けの状態で運ばれてきた朝とれのイカは、甘みが抜群という[1]」。種類は、夏より出回り漁獲量も多いスルメイカを使う。

食材のイカは、たいてい初夏から出回り漁獲量も多いスルメイカが用いられる[9][1][7]アオリイカヤリイカを使う料理人もいる。

一般にはパック詰めにした商品も販売されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

補注[編集]

  1. ^ 因幡の珍味「海ぞうめん」とはアメフラシの卵のことであり、島崎, 藤村 (1929), 山陰土産, , 山陰土産その他: 藤村紀行文集 (改造社), http://books.google.co.jp/books?id=2QHPBVRB6wsC&pg=PT20 』では藤村が浦富海岸で海そうめんを馳走になるが、別頁ではこれが「乾してある」海産物と記している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 上村, 一真 (2008), ローカル魚で絶品ごはん, 枻出版社, pp. 31-32, ISBN 4777910733, http://books.google.co.jp/books?id=f4SqBPj0zpMC&pg=PA32 
  2. ^ 藤嶋, 栄 (1996-05), “秋田地方の歴史と秋田県人気質”, 行政監察月報 440: 1, http://books.google.co.jp/books?id=hGONAAAAIAAJ, "北海道(函館)では、「いかそうめん」" (秋田行政監察事務所長、函館、広島を歴任)
  3. ^ 川端, 晶子; 淵上, 匠子 (2006), おいしさの表現辞典, 東京堂出版,, p. 151, http://books.google.co.jp/books?id=ho8rAAAAYAAJ 
  4. ^ a b c d 楠本, 憲吉 (1970), たべもの歲時記, 読売新聞社, p. 235, http://books.google.co.jp/books?id=aEc8AAAAIAAJ 
  5. ^ 楠本, 憲吉 (1970), たべもの歲時記, 読売新聞社, p. 235, http://books.google.co.jp/books?id=aEc8AAAAIAAJ 
  6. ^ 全国の物産と産業, 通産企画調査会, (1984), p. 22, http://books.google.co.jp/books?id=tMgCAAAAMAAJ, "朝イカの刺身は「海のそうめん」と呼ばれ食通にはこたえられない" 
  7. ^ a b c d e f 成瀬, 宇平 (2011), 47都道府県・魚食文化百科, 丸善出版, p. 44, ISBN 4621084062 
  8. ^ a b 久保, 香菜子 (2008), 基本がきちんと身につく!お料理の教科書, 枻出版社, p. 27, ISBN 4777910733, http://books.google.co.jp/books?id=0xLH6Y5rLK8C&pg=RA1-PA27 
  9. ^ 小沼, 明美 (2013), いかの種類と旬, オールアバウト, http://books.google.co.jp/books?id=jX8BNCOJP40C&pg=PP3, "日本で一番とれるこのいかは、函館名物いかそうめんに使われます"