イカそうめん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イカそうめん(割烹料理店)
添え物(つま、など)は標準的である。手前から順に、下ろし山葵、穂紫蘇(つきのシソの穂)、青紫蘇(紫蘇の青葉)。
イカそうめん(和風レストラン)

イカそうめん(同義異字:烏賊素麺いかソーメン、等々)は、生のイカ状に細く切り、醤油つゆめんつゆ)を付けて食べる日本に特有の料理である。

特徴[編集]

言葉の並びから日本の食文化になじみの浅い人は誤解しがちであるが、「イカそうめん」はイカそうめん(素麺)を組み合わせた料理ではない。

イカの身を2枚あるいは3枚に分け、うどんほどの細さに切る。 醤油またはつゆは、醤油をショウガ(生姜)と和えた生姜醤油、ワサビ(山葵)と和えた山葵醤油、あるいは、めんつゆ(麺露)のいずれかを好みによって使い分ける。 この食べ方がそうめんと共通していることから、そこまでの細さではないが「うどん」ではなく「そうめん」に譬(たと)えられたものと考えられる。 太さで言えば、似ているのはむしろ、うどんである。

食材のイカは、たいていはスルメイカが用いられ、それに次いでアオリイカが用いられることが多いようである。しかし、それらでなければならないということはなく、ヤリイカを使う料理人もいる。

一般にはパック詰めにした商品も販売されている。

鮮度の良いものは身が透き通っていて、甘さはそれほどでもないが、歯応え(cf. 食感)を楽しめる。 新鮮さで言うと産地で直接味わうに限るが、味の点で言うと1日置いたほうが甘みが増して美味しく食べられるものも多い(ケンサキイカなど)。 また、細かく刻んだマグロの身を和えるとイカの成分が変化してうまみが増すとされる。

関連項目[編集]