アーサー・マスティック・ハイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・マスティック・ハイド

アーサー・マスティック・ハイド(Arthur Mastick Hyde, 1877年7月12日 - 1947年10月17日)は、アメリカ合衆国政治家共和党に所属し、第35代ミズーリ州知事および第10代アメリカ合衆国農務長官を務めた。

生い立ちと初期の経歴[編集]

アーサー・マスティック・ハイドは1877年7月12日ミズーリ州プリンストンにおいて誕生した[1]。ハイドはオハイオ州オベリン・アカデミーで初等教育を受けた[2]。ハイドはミシガン大学へ進学し、1899年に学士号を取得した。ハイドはミシガン大学在学中、友愛会デルタ・ウプシロンに所属した。ハイドは続いてアイオワ大学に入り、1902年法学博士号を取得した[3]。アイオワ大学卒業後、ハイドはミズーリ州トレントンにおいて弁護士として独立開業した。

ミズーリ州での政治[編集]

州知事時代のハイド

ハイドは1910年にミズーリ州トレントンで市長に選出され、政治への関与を開始した[2]1920年、ハイドは共和党からミズーリ州知事選挙への立候補を打診され、それを受諾した。ハイドは同年11月2日の一般選挙で勝利し、1921年1月10日に州知事に就任した。在任中、ハイドは州政府機関の再編を図り、権限を少数の省庁に集約した。ハイドは州の税制改革を実施し、財政状況を改善した。ハイドは州政府機関で女性が働くことを容認した。ハイドは公的教育を勧奨した。ハイドは州立公園の整備を行った[2]1925年1月12日、ハイドは任期の満了に伴い州知事を退任した。

アメリカ合衆国農務長官[編集]

農務長官への就任宣誓を行うハイド

1929年3月ハーバート・フーヴァー政権が発足すると、ハイドは農務長官に起用された。ハイドの在任中、農場価格の下落が発生した。その結果、株式相場は暴落し、経済状況は減衰した[4]。ハイドはフーヴァー大統領の任期満了となる1933年3月まで農務長官を務めた。

晩年[編集]

1947年10月17日、ハイドはニューヨーク州ニューヨークにおいて死去した。ハイドの遺体はミズーリ州トレントンオッド・フェローズ墓地に埋葬された[5]

家族[編集]

アーサー・マスティック・ハイドの父親は連邦下院議員アイラ・バーンズ・ハイド、母親はカロライン・マスティック (Caroline Mastick) であった[1]。ハイドは1904年10月19日にホーテンス・カラーズ (Hortense Cullers) と結婚した。ハイドはホーテンスとの間に、子供を1人もうけた[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
フレデリック・ガードナー
ミズーリ州知事
1921年1月10日 - 1925年1月12日
次代:
サミュエル・アーロン・ベイカー
先代:
ウィリアム・マリオン・ジャーディン
アメリカ合衆国農務長官
1929年3月6日 - 1933年3月4日
次代:
ヘンリー・アガード・ウォレス