マイク・ジョハンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ジョハンズ

マイク・ジョハンズMike Johannsマイケル・オーウェン・ジョハンズMichael Owen Johanns1950年6月18日 - )はアメリカ合衆国政治家弁護士。第28代農務長官、前ネブラスカ州知事2009年より現在までネブラスカ州選出連邦上院議員宗教カトリックである。

来歴[編集]

弁護士を開業[編集]

1950年6月18日アイオワ州酪農家の家に生まれる。高等学校を経てミネソタ州ウイノナ市のミネソタ・セントメリー大学w:Saint Mary's University of Minnesota)を卒業する。その後、クレイトン大学で法律を修めた後、ネブラスカ州オニール市(w:O'Neill, Nebraska)とリンカーン市弁護士を開業した。

政界への転身[編集]

2007年1月11日アメリカ合衆国農務省にて報道陣からのインタビューに答えるジョハンズ(中央)。左は日本農林水産大臣松岡利勝

1983年から1987年にかけて、ネブラスカ州ランカスター郡委員。1989年から1991年までリンカーン市議会議員。1991年リンカーン市長に就任する。1995年再選を果たし政治的基盤を強化する。

1998年ネブラスカ州知事選挙に共和党から立候補し民主党の対立候補を破り当選する。2002年には再選を果たす。知事時代には州の農業を重視する政策を実行している。

2004年12月2日ブッシュ大統領によってアン・ヴェネマン農務長官の後任として指名される。その結果、2006年にジョハンズの対抗馬として立候補を予定していた民主党の上院議員ベン・ネルソンw:Ben Nelson)の計画をつぶすこととなった。2005年1月21日第2期ブッシュ政権が発足し正式に第28代農務長官に宣誓就任すると同時にネブラスカ州知事を辞任した。農務長官としては日本に対し、米国産牛肉の輸入再開を度々強硬に迫った。2007年9月20日にはその職を辞し、次回ネブラスカ州上院選への出馬を表明した。2008年11月4日に行われた選挙では、州知事と農務長官としての実績を背景に支持を集め、当選を果たした。

ランカスター郡元委員長、ネブラスカ州議会議員のステファニー夫人との間に2子あり。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ベン・ネルソン
ネブラスカ州知事
1999年 - 2005年
次代:
デイヴ・ハインマン
先代:
アン・ヴェネマン
アメリカ合衆国農務長官
2005年1月21日 - 2007年9月20日
次代:
エドワード・トマス・シェーファー
議会
先代:
チャック・ヘーゲル
ネブラスカ州選出上院議員(第2部)
2009–
同職:ベン・ネルソン
次代:
現職