ジェレマイア・マクレイン・ラスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェレマイア・マクレイン・ラスク

ジェレマイア・マクレイン・ラスク(Jeremiah McLain Rusk, 1830年6月17日 - 1893年11月21日)は、アメリカ合衆国政治家共和党に所属し、第15代ウィスコンシン州知事および第2代アメリカ合衆国農務長官を務めた。

生涯[編集]

1830年6月17日、ラスクはオハイオ州マルタにおいて誕生した。ラスクはまず農場主として生計を立て、続いて宿屋の経営者となった。南北戦争前には銀行家へ転身した。南北戦争が起こると、ラスクは第25ウィスコンシン州義勇兵歩兵連隊に加わり、名誉将軍として任官された。

南北戦争後、ラスクは連邦下院議員に選出された。ラスクは連邦議会において傷病兵年金委員会の委員長を務めた。1882年、ラスクは共和党からウィスコンシン州知事に立候補し、選出された。ラスクは1886年メーデーストライキに際し、州兵をミルウォーキーに派遣して治安維持を図った。

1889年、ラスクは知事を辞任し、ベンジャミン・ハリソン政権で農務長官に任ぜられた。ラスクはハリソン大統領の任期満了となる1893年まで農務長官を務めた。

ラスクは晩年をウィスコンシン州ヴァロークアにおいて過ごし、1893年11月21日に死去した。ラスクの遺体はヴァロークア市内のヴァロークア墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ウィリアム・スミス
ウィスコンシン州知事
1882年 - 1889年
次代:
ウィリアム・ホード
先代:
ノーマン・ジェイ・コールマン
アメリカ合衆国農務長官
1889年2月15日 - 1893年3月6日
次代:
ジュリアス・スターリング・モートン