ノーマン・ジェイ・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーマン・ジェイ・コールマン

ノーマン・ジェイ・コールマン(Norman Jay Colman, 1827年5月16日 - 1911年11月3日)は、アメリカ合衆国の新聞発行者、政治家。民主党に所属し、第1次グロバー・クリーブランド政権で初代アメリカ合衆国農務長官を務めた。

生涯[編集]

1827年5月16日、コールマンはニューヨーク州リッチフィールド・スプリングにおいて誕生した。コールマンは後にケンタッキー州へ移り、教職に就いた。コールマンは1849年にルイビル大学法科大学院で法律の学位を取得した。その後コールマンはミズーリ州へ移住し、農園を開いた。1855年、コールマンは農業の専門紙 Valley Farmer を出版した。コールマンは新聞の刊行により、ミズーリ州の農業界で著名な人物となった。南北戦争の間、コールマンは新聞業を中断し、ミズーリ州民兵に所属して北軍に加わった。終戦後の1865年、コールマンは農業紙 Coleman's Rural World を設立し、出版業を再開した[1]

コールマンは政界へも進出し、1875年から1877年までミズーリ州副知事を務めた。1885年からは第1次グロバー・クリーブランド政権で農務局長を務め、農務省創設のキャンペーン活動を行った。そして1889年に農務省が設立されると、初代農務長官に任ぜられた。コールマンはクリーブランド大統領の任期満了までの1ヶ月弱しか農務長官を務められなかったため、上院によるコールマンの農務長官承認は行われなかった[2]

コールマンは1911年11月3日に死去した。コールマンの遺体はミズーリ州セントルイスベルファウンテン墓地に埋葬された。

参考文献[編集]

  1. ^ NNDB(英語)
  2. ^ Grossman, 2
  • Grossman, Mark. Encyclopedia of the United States Cabinet. Vols. 1-3. (2000) ISBN 9780874369779.

外部リンク[編集]

公職
先代:
チャールズ・ジョンソン
ミズーリ州副知事
1875年 - 1877年
次代:
ヘンリー・ブロックマイアー
先代:
-
アメリカ合衆国農務長官
1889年2月15日 - 1889年3月6日
次代:
ジェレマイア・マクレイン・ラスク