アンボイナガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンボイナガイ
Cone géographique.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 新腹足目 Neogastropoda
: イモガイ科 Conidae
: イモガイ属 Conus
亜属 : Gastridium Mödeer, 1793
: アンボイナガイ C. geographus
学名
Conus(Gastridium) geographus Linnaeus, 1758
英名
Geographic cone,
Killer snail, Cigarette snail

アンボイナガイ、学名 Conus geographus は、新腹足目イモガイ科に分類される巻貝の一種。インド太平洋サンゴ礁域に広く分布する。口内に猛を注入する毒針を隠し持ち、刺毒による死者や重症者が多いことで知られる。日本の貝類図鑑では単にアンボイナと表記されることも多い。沖縄県ではハブガイ(波布貝)、ハマナカー(浜中)とも呼ばれる[1][2][3][4][5][6]

形態[編集]

殻高10cm前後だが、大型個体は殻高13cmを超え、イモガイ類の中でも大型種である。貝殻はイモガイ類にしては薄く、殻口が広い。特に殻底付近で殻口が幅広く開く。螺塔(巻き)は低いが肩はよく角張り、ごく低い結節(角状の突起)が並ぶ。貝殻の色は褐色-赤褐色で、白い三角形の鱗雲のような斑点が多数散らばる。雲状斑が少ない領域もあり、遠目に見ると体層に2-3本の色帯があるように見える[1][2][3][4][5][6]

三角斑のあるイモガイは他にも多く知られるが、本種の三角斑は縁取りの線がなく、かすれる。近縁のシロアンボイナ C.(G.) tulipaは殻表の白色部が多く殻口内が紫色を帯びること[2]ムラサキアンボイナ C.(G.) obscurus は螺塔の結節がなく紫色が強いことで区別できる。

歯舌は長さ1cm・太さ0.2-0.3mmほどで、魚の小骨のような形状だが、長い毒管を通じて毒嚢に繋がる。先端に「返し」もあり、刺さると抜けにくい。歯舌は口内の歯舌嚢に収納しているが、餌を捕食する時にから突き出し、刺したものに毒を注入する。吻は殻高と同程度の長さに伸ばすことができる[4][5]

生態[編集]

アフリカ東岸からポリネシアまで、インド太平洋の熱帯海域に広く分布する。日本では伊豆諸島紀伊半島以南に分布する。なおハワイ諸島には分布しない[5][6][7][8]。アンボイナという和名はインドネシアの港湾都市アンボンに由来する[2]。これはアンボン近海で本種が多産するためといわれる。

浅海のサンゴ礁に多く生息するが、夜行性で、昼間は石の下などに潜んでいるため人目に付きにくい。夜に活動し、小魚を捕食する。小魚に接近して吻を長く伸ばし、歯舌で魚を刺して毒を注入する。次に口を袋状に大きく広げ、毒で麻痺した小魚を丸呑みにする[5]

[編集]

アンボイナは餌の魚だけでなく、人を刺すこともある。イモガイ類の毒はコノトキシンという神経毒だが、本種はイモガイ類の中でも特に死者や重症者が多い。血清もないので、刺された場合は一刻も早く心臓に近い所を紐などで縛り、毒を吸い出し、医療機関を受診するよう呼びかけられている[4][5]

刺される事故は潜水潮干狩り等で発生している。また漁獲したものを子供が手に取り、いじるなどして刺された例もある。新城らの報告(1996年)では、沖縄県・鹿児島県で少なくとも23人がアンボイナに刺され、8人が死亡している。但しこの報告では記録されていない事故も多いとされ、またサンゴ礁域での「水死」事例の中には体力や水泳技術が充分な人も含まれていることから、実はイモガイ類、ヒョウモンダコオニダルマオコゼ等の有毒生物による死者が含まれるのではないかとも指摘している[4][5]

刺された際の痛みは小さいが、やがて神経が麻痺する。応急処置をしない場合は20分ほどで喉の渇きめまい、歩行困難、血圧低下、呼吸困難等の症状が現れ、重篤な場合は数時間で死に至る。毒の作用としては末梢神経の伝達を阻害するものであり、随意筋を麻痺させる。しかし中枢神経や心筋等への障害はないため、呼吸筋の麻痺に対応して人工呼吸器の補助を与えるだけでよい。症状のピークは刺されて5-6時間後で、12時間以降は生命の危機を脱し、後遺症もほとんどないとされている[4][5]

沖縄県で本種を「ハマナカー」と呼ぶのは、本種に刺されると手当てどころか「浜の半ば」あたりで死んでしまうことを意味している。また、猛毒をハブになぞらえ「ハブガイ」(波布貝)とも呼ばれる[4][5]。新城らの調べた例でもスノーケリングで貝採集をしていて刺された人物は最初蚊に刺された程度の痛みに採集を続け、30分後に岸に帰ろうとしてめまい等の症状に気づいた。浜を歩いたところで歩行困難となり、付近の人に援助されて事なきを得たが、一人ではたどり着けなかったろうとしている。英名の一つ"Cigarette snail"(たばこの巻貝)は、「刺されて死ぬまでに煙草一服くらいの時間はある」という意味がこめられている[7]

なお猛毒をもつ貝ではあるが、他のイモガイ類と同様に食用にもでき[3]、貝殻はコレクションの対象にもなる[1][2][3][5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 吉良哲明, 1959. アンボイナ, 「原色日本貝類図鑑」増補改訂版, 37図版, 98p. 保育社
  2. ^ a b c d e 波部忠重小菅貞男, 1996. アンボイナガイ, 「エコロン自然シリーズ 貝」改訂版, 37図版, 94p. ISBN 9784586321063, 保育社
  3. ^ a b c d 小菅貞男, 1994. アンボイナ, ポケット図鑑「日本の貝」261p. ISBN 4415080480, 成美堂出版
  4. ^ a b c d e f g 新城安哲・大嶺稔・吉葉繁雄, 1996. 「アンボイナ刺症の1症例とイモガイ刺症の問題点」, 沖縄県衛生環境研究所報第30号,43-52p
  5. ^ a b c d e f g h i j 行田義三, 2003. アンボイナ, 「貝の図鑑 採集と標本の作り方」104-105p., 138p. ISBN 4931376967, 南方新社
  6. ^ a b c 奥谷喬司, 2006. アンボイナガイ. 奥谷喬司・楚山勇 新装版山渓フィールドブックス 4「サンゴ礁の生きもの」152p. ISBN 4635060616, 山と渓谷社
  7. ^ a b Geographic Cone Snails, Geographic Cone Snail Facts - National Geographic
  8. ^ Conus geographus Linnaeus, 1758 - Record: CONUS BIODIVERSITY WEBSITE CATALOGUE