アンドレア・チェザルピーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・チェザルピーノ

アンドレア・チェザルピーノAndrea Cesalpinoラテン語:Andreas Cæsalpinus1519年頃、あるいは1524年1525年頃 - 1603年2月23日)は、イタリアアレッツォ出身の植物学者哲学者医師。主著には1583年に著された全16巻からなる『植物分類体系』がある。晩年の1592年からはローマ教皇であるクレメンス8世侍医を務めた。

今日ではジャケツイバラ学名Caesalpinia decapetala )の由来にもなっている[1]

パドヴァ大学ピサ大学哲学医学を学び、1551年に医師となる。

後にピサ大学の医学、植物学教授となり、ピサ大学の植物園長を務め、また、ローマ・ラ・サピエンツァ大学の教授も務めた。

植物学者としてのチェザルピーノは植物(特に果実)を高さで分類し、分類学の先駆者でもあった。

哲学者としては古代ギリシアの哲学者アリストテレス霊魂論の影響を受け、受精器官に基づく分類体系を考案した。

医師としては血液心臓の右部分からに行き、肺から心臓の左部分へ運ばれると考え、これを循環と呼んだ。

そのためイギリスの解剖学者、医師で血液循環説を唱えたウイリアム・ハーベーより先に血液循環を発見したとされるが、定かではない[2]

チェザルピーノは哲学、植物学を活かし、1583年に全16巻からなる『植物分類体系』を著し、スウェーデンの植物学者であるカール・フォン・リンネイギリス博物学者であるジョン・レイに大きな影響を与えた。

1603年2月23日ローマで亡くなる。

脚注・参考文献[編集]

『植物分類体系』
(原題:『DE PLANTIS』)
  1. ^ 特集:リンネ 植物にかけた情熱の人 - ナショナル・グラフィック、2012年11月4日閲覧。
  2. ^ チェザルピーノ - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年11月4日閲覧。

関連項目[編集]