アルルの女 (ジヌー夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルルの女(ジヌー夫人)(1888 又は 1889)メトロポリタン美術館蔵。

アルルの女(ジヌー夫人)とは、1890年フィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。単に「アルルの女」とのタイトルが付されていることがある。

モデルは、ゴッホが出入りしたフランスアルルのカフェの経営者であったとされる。

構図の基となった素描はポール・ゴーギャン1888年に描いたものとされ、ゴッホの筆による同様の構図の絵が複数(4点とされる)ある。そのうちで特に傑作とされるものが、衣服がピンク色の1点である(他の3点は衣服が黒い暗色である)。

衣服がピンク色の作品は個人蔵であったが、2006年5月にニューヨークのクリスティーズでの競売で、4033万6000ドルの高額で落札された。落札者は明らかにされていないため、再び個人蔵となったものと思われる。

衣服が黒い作品の1つがオルセー美術館に収蔵されている。