赤い葡萄畑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『赤い葡萄畑』
フランス語: La Vigne rouge
作者 フィンセント・ファン・ゴッホ
制作年 1888年11月
素材 油彩
寸法 75 cm × 93 cm (30 in × 37 in)
所蔵 プーシキン美術館モスクワ

赤い葡萄畑(あかいぶどうばたけ、: La Vigne rouge: The Red Vineyard)は、1888年11月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。

フランスアルルの葡萄畑で夕方に人々が農作業をする様子を描いた作品である。

この作品は、ゴッホが死去する5ヶ月前の1890年2月にベルギーブリュッセルで行われた展覧会「20人会展」に出品され、ゴッホのアルル時代の友人でもあったベルギーの詩人のウジェーヌ・ボックの姉で女流画家のアンナ・ボックによって400フランで購入された。結果的に、この作品はゴッホの生前に売れた唯一の作品となった。

モスクワプーシキン美術館蔵。

参考文献[編集]

関連項目[編集]