黄色い家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄色い家、1888年、72×91cm、ゴッホ美術館蔵

黄色い家(きいろいいえ、フランス語: La Maison et son entourage, La Rueオランダ語: Het gele huis)とは、1888年9月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。「アルルのゴッホの家」と記載されていることがある。 ゴッホ美術館所蔵。

ゴッホはアルル在住時にその拠点となる家を借りた。この家の2階が居室であった。居室の様子はファンゴッホの寝室に描いている。また、この家(部屋)を飾るための絵(例えばひまわり)を多く描いている。

この家は1944年に戦災で破壊され現存していない。

関連項目[編集]