アントン・ファン・ラッパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
G・A・リッダー・ファン・ラッパルト(1858年 - 1892年)。撮影者不明。

アントン・ジェラード・アレキサンダー・ファン・ラッパルト(Anthon Gerard Alexander van Rappard、1858年5月14日 - 1892年3月21日)は、オランダ画家、図案家。ゼイスト (Zeist) に生まれ、サントポールト (Santpoort) で没した。ローレンス・アルマ=タデマの弟子であったラッパルトは、4年間にわたってフィンセント・ファン・ゴッホの友人、助言者となり、ゴッホはラッパルトに一目を置き、何よりもラッパルトの社会への関わり方を高く評価した。

生涯[編集]

ラッパルト作「煉瓦工場の労働者たち (Arbeiders op de steenbakkerij Ruimzicht)」

RKD(オランダ美術史研究所Rijksbureau voor Kunsthistorische Documentatie)によると、ラッパルトはパリブリュッセルアムステルダムテルスヘリングで働いた後、サントポールトへ移り住んだ[1]。ラッパルトは王立美術アカデミー (Rijksakademie) に学び、ユトレヒトの「クンストリーフデ (Kunstliefde)」と「クリング (Kring)」、アムステルダムの「アルティ・エト・アミキティアエ (Arti et Amicitiae)」といったグループに参加していた[1]1881年から1885年にかけてゴッホからラッパルトに宛てられた手紙は、ゴッホの伝記や業績に関する重要な典拠となっている。今日では、短命だったラッパルトの作品は数が少ないこともあり、油絵作品には高い値段が付けられている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Anthon van Rappard - RKD のサイト内のページ

参考文献[編集]

  • Jaap W. Brouwer, Jan Laurens Siesling & Jacques Vis, Anthon van Rappard, companion & correspondent of Vincent van Gogh; his life & all his works, De Arbeiderspers, Amsterdam & Gary Schwartz, Maarssen 1974 ISBN 90-295-3441-9

外部リンク[編集]