ジョン・ピーター・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ピーター・ラッセル
John Peter Russell
肖像写真(1888年頃)
生誕 1858年6月16日
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー・ダーリングハースト
死没 1930年4月22日(71歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー・ランドウィック
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
教育 スレード美術学校、フェルナン・コルモン画塾
著名な実績 油絵水彩画
運動・動向 印象派
この人に影響を
与えた芸術家
クロード・モネ
この人に影響を
受けた芸術家
アンリ・マティス

ジョン・ピーター・ラッセルJohn Peter Russell1858年6月16日 - 1930年4月22日)は、オーストラリア出身の印象派画家

生涯[編集]

ジョン・ピーター・ラッセルは、1858年、シドニー東郊のダーリングハースト英語版で生まれた。父ジョン・ラッセルはスコットランド技師であり、小さい時にオーストラリアに渡り、兄の経営するエンジニア工場P・N・ラッセル社に加わった。母シャルロット・エリザベス(旧姓ニコル)はロンドン生まれの女性である。ジョン・ピーターはその4人兄弟の長子である[1]

ジョン・ピーターは、弟のパーシー(後に画家)とともにニューサウスウェールズ州のゴールバーン校に通った。18歳の時から、イングランドリンカンのエンジニア会社ロビー社で徒弟として働き、技師としての技術を身につけた。他方、子供の時から絵への興味を持ち続け、靄の中のリンカン大聖堂を水彩で描いている[1]

ジョン・ピーター・ラッセルによるフィンセント・ファン・ゴッホの肖像画(1886年、ゴッホ美術館)。

1877年、父ジョンはシドニーで業績不振であったエンジニアリングの仕事をたたんだ。そして1879年急死した。ジョン・ピーターは、自分の将来を考えなおす機会を与えられることになった。シドニーに1年間滞在した後、1881年1月5日、ロンドンスレード美術学校英語版に入学し、3年余りフランス出身の画家アルフォンス・レグロ英語版の下で学んだ。それからパリに出てフェルナン・コルモンの画塾に入り、1年半勉強した。コルモンの画塾でフィンセント・ファン・ゴッホと知り合い、彼の肖像画を描いている[1]。このほか、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックエミール・ベルナールらも同塾生であった。

1883年、終生の友人トム・ロバーツ英語版ウィリアム・マロニー英語版とともにスペインを旅した。1887年にはシチリア島を訪れている。1888年2月8日、パリでオーギュスト・ロダンのイタリア人モデル・マリアンナ (Marianna Antoinetta Matticco) と結婚した。その年、彼はブルターニュ半島の沖にあるベル=イル=アン=メールに移り住んだ[1]

ゴッホとの交友関係は続いており、1888年パリからアルルに移ったゴッホは、ラッセルに仕事の進捗状況を知らせるために12枚の素描を送った。ゴッホ死後の1897年、アンリ・マティスは、ベル・イル島のラッセルを訪れ、印象派やゴッホの絵を紹介されて衝撃を受けた。ラッセルはこの時、マティスにゴッホの素描12枚のうち1枚を与えている。マティスは、後に「ラッセルは私の師だった。ラッセルは私に色彩の理論を教えてくれた。」と述懐している[2]

1908年、妻マリアンナが亡くなると、ベル・イル島を去ってパリに移り、娘で歌手のジャンヌとともに南仏へ向かい、一時イタリアポルトフィーノに住んだ。1912年6月17日、パリでアメリカ出身の歌手カロリーン (Caroline deWitt Merrill) と再婚した。第一次世界大戦の開戦で、5人の息子がイングランドで連合国軍に加わったのを機に、1915年、自分もイングランドへ戻った。第1次世界大戦が終わると、4番目の息子シウォードとともにニュージーランドへ移った。ここで2年間の滞在中、数々の水彩画を描いた後、シドニーのワトソン湾英語版に行き、舟からの港の風景をしばしば描いた。1930年4月22日、シドニー南東郊のランドウィック英語版で心臓発作により亡くなった。妻と、彼女との間の息子1人、そして最初の結婚で生まれた子供6人が残され、遺産を相続した[1]

作品[編集]

初期には肖像画静物画を描いていたが、次第に海や陸の風景、家庭内の光景を描くようになった。現在、彼は色彩に関する豊富な知識に基づいた色遣いで注目される。ロンドンやパリでの競争を嫌い、ベル・イル島で純粋な色彩の追求に没頭した[1]

彼の死後は、従姉妹のテア・プロクター英語版が知名度を上げようと努めたが、ほとんど世間からは忘却されてしまった。娘が彼の油彩画21点をルーヴル美術館に遺贈し、現在はパリのロダン美術館に収蔵されている。また、現在、オーストラリアの主要な美術館でも彼の作品を見ることができる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Galbally.
  2. ^ Hilary Spurling (2005年8月5日). “The Unknown Matisse...”. ABC Radio National. 2013年3月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]