アンナ・ボック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナ・ボック
Anna Boch
「アトリエのアンナ・ボック」
(テオ・ヴァン・リッセルベルグ、1893年)
生誕 1848年2月10日
ベルギーの旗 ベルギー エノー州サン=ヴァ
死去 1936年2月25日(88歳)
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル・イクセル区
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
分野 画家
芸術動向 新印象派印象派
テンプレートを表示

アンナ・ボックAnna Rosalie Boch1848年2月10日 - 1936年2月25日)は、ベルギー画家

生涯[編集]

1848年、ロイヤル・ボック陶磁器社の創立者でビレロイ&ボッホ社の役員でもあった父ヴィクトル・ボックのもとに生まれた。弟は画家・詩人のウジェーヌ・ボック

風景画家Pierre-Louis Kuhnen、Euphrosine Beernaertの下で絵を勉強した。また友人イジドール・ヴェルヘイデン英語版からも助言を受けた。1885年20人展グループに唯一の女性会員として加入した。1886年、同グループの会員であったテオ・ヴァン・リッセルベルグ英語版と知り合い、交友を深めた。同年から1993年にかけて20人展に出品する[1]

1903年からブリュッセルのイクセル区に住み、1936年同地で没した[1]

作品[編集]

新印象派ジョルジュ・スーラの理論と点描による明るい色彩に触れ、1889年-1890年頃の作品にはその顕著な影響が見られる。1890年代には、クロード・モネのような色彩分割による「風景の中の女性」(1890年-1892年頃、アムステルダム市立美術館)を描いている。その後、リッセルベルグ、アルフレッド・フィンチ英語版ポール・シニャックのように色面を広げる手法を試み、「ブルターニュの海岸」シリーズ(1900年-1902年)を制作した。同シリーズの最も有名なものは1902年にベルギー政府により買い取られベルギー王立美術館に収蔵されている[2]

20人展が解散し、リッセルベルグもパリへ移住してしまうと、ボックの作風は少しずつ旧来の印象派に回帰していった。1914年以降は外出を控えるようになり、静物画や肖像画を主に描くようになった[3]

芸術家の支援[編集]

ボックは、無名の芸術家への支援を惜しまず、様々な画家の作品を買い取った。1927年、彼女はジェームズ・アンソールの「ロシアの音楽」(1881年)をベルギー王立美術館に寄贈している。また、シニャックの「岩の入江」(1906年)、スーラの「セーヌ川のグランド・ジャット島」(1888年)、ポール・ゴーギャンの「野原の会話」(1888年)を遺贈している。そのほか、エミール・ベルナールアルベール・マルケジョルジュ・レメン英語版、フィンチ、ヤン・トーロップ、Vogels、Jefferys、Artan、アンリ・ド・グルー英語版フィンセント・ファン・ゴッホなどの作品を収集していた[4]。ゴッホは、弟ウジェーヌの友人であり、ゴッホから買い取った「赤い葡萄畑」は、ゴッホの生前に売れた唯一の作品であると一般に言われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Gaze (1997: 181)。
  2. ^ Gaze (1997: 182)。
  3. ^ Gaze (1997: 182-83)。
  4. ^ Gaze (1997: 183)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]