アルナルドゥス・デ・ビラ・ノバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nuremberg Chronicle(1493)に掲載された肖像画

アルナルドゥス・デ・ビラ・ノバ(Arnaldus de Villa Nova、または Arnau de Vilanova、Arnaldus Villanovanus、Arnaud de Ville-Neuve or Arnaldus de Villanueva、1235年頃 –1313年)は13世紀の錬金術師占星術師、医師である。アルナルドゥスはラモン・リュイと共に、薬草をスピリッツと共に蒸留して作るリキュールの祖といわれる[1]

アラゴン王国のどこかか、ビジャヌエバ・デ・ヒロカ、またはバレンシアで生まれた。化学、薬学やアラビア哲学を学んだ。アラゴン王国の宮廷で働いた後、モンペリエの医学校で長く教えた。パリにでて評判となったが、聖職者から反感を持たれ、シチリアに逃れた。1313年に病気のローマ教皇クレメンス5世の治療に招かれたが、航海中にジェノヴァ沖で病死した[2]

多くのアラビア語の医学書を翻訳したことで知られ、翻訳した医学書にはイブン・スィーナー、コスタ・ベン・ルカ(Qusta Ibn Luqa)やガレノスの著書などが含まれる[3]。錬金術の多くの書物、"Thesaurus Thesaurorum"、"Rosarius Philosophorum"、"Novum Lumen"、"Flos Florum"などがアルノルドゥスの著書とされることもあるが、疑わしい。1504年と1532年に、Symphorianus Campegiusによる評伝とともに著作集がリヨンで出版され、1585年にバーゼル、1603年にフランクフルト、1686年にもリヨンで出版された。『医学の箴言』("Parabolae medicationis")、『医学要覧』("Breviarium practicae")などの医学書が評判となった。

注釈[編集]

  1. ^ お酒の話6 特集:リキュール酒類総合研究所
  2. ^ Fernando Salmón (2010). Robert E. Bjork. ed. The Oxford Dictionary of the Middle Ages. Oxford, England: Oxford University Press. p. 135. ISBN 978-0-19-866262-4.
  3. ^ D. Campbell, Arabian Medicine and Its Influence on the Middle Ages, p. 5.

参考文献[編集]

  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press
  • Burns, Paul. "The History of the Discovery of Cinematography". Retrieved 1/4/2014. Check date values in: |accessdate= (help)
  • Smith, Roger. "A Look Into Camera Obscuras". Retrieved 1/4/2014. Check date values in: |accessdate= (help)
  • J. B. Haureau in the Histoire litteraire de la France (1881), vol. 28; E. Lalande, Arnaud de Villeneuve, sa vie et ses oeuvres (Paris, 1896).

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

アルナルドゥスの著作: