アラン・パッサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・パッサール
Alain Passard
生誕 1956年8月4日(57歳)
フランスの旗 フランス ブルターニュ
イル=エ=ヴィレーヌ県
国籍 フランス
職業 料理人
流派 フランス料理
受賞 レジオンドヌール勲章シュバリエ

アラン・パッサール(Alain Passard, 1956年8月4日 - )は、フランス料理の料理人・調理師。現在、パリの3ツ星レストラン『アルページュ』のオーナーシェフである。

来歴[編集]

料理に目覚めたのは8歳の時。祖母のルイーズ・パッサールから料理を習う。14歳で料理業界に入り、地元の菓子店などで働く。[1]
その後、ヌーヴェル・キュイジーヌの鬼才と呼ばれるアラン・サンドランスなどに師事。

1986年に『アルケストラート』跡地に『アルページュ』をOPEN。開店した年に1ツ星、翌年にはミシュランの2ツ星を獲得。
1996年には、当時40席ほどの小さな店だったにも関わらず、シンプルで独創的な料理で3ツ星を獲得。

「肉の魔術師」と呼ばれ、かつては「肉自身が焼かれていることに気づかないうちに肉を焼き上げる」と言われるほどの火加減のエキスパートであったが、[2] 1999年頃より野菜料理に傾倒。2001年より一転して野菜料理のスペシャリストとなる。 ル・マン近くのサルトや、ノルマンディーの土地を購入。自身でこだわりの農作物を作り、野菜料理を研究。 農耕馬や天然の肥料を用い、ミツバチが飛び交う自然のシステムを利用する、昔ながらの農法で丹念に育てた野菜を使い、野菜のみのフルコースを作るなど、話題を集める。

日本ではザ・プリンス パークタワー東京京都ブライトンホテルのメニュー開発や、地方での料理講習会、2007年には子供向けの料理絵本『庭の小さな仲間たちの季節の野菜レシピ(幻冬舎)』を出版するなど、精力的に活躍中。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 家系は画家音楽家など芸術家が多い。[3]
  • 親日家で日本は「小さい頃からの憧れの国」だったという。年間4回は来日する。
  • 緑茶好きで一日に2リットル飲むことも。マイ急須を持っている。
  • 料理のイメージを色鉛筆で描く。

著書[編集]

  • 庭の小さな仲間たちの季節の野菜レシピ (幻冬舎
  • Jardinière Arlequin : Conversations avec Alain Passard (フランス語) …など多数。

出演TV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クリストフル公式ページ[1]
  2. ^ Verita [2]
  3. ^ 料理の鉄人・鉄人ワールドカップ 1997年10月10日放送回

外部リンク[編集]