アドヴェンチャー級偵察巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドヴェンチャー級偵察巡洋艦
HMS Adventure (1904).jpg
就役時の「アドヴェンチャー」
艦級概観
艦種 偵察巡洋艦
艦名 Aで始まる単語
前級 トパーズ級防護巡洋艦
次級 フォワード級偵察巡洋艦
性能諸元
排水量 常備:2,460トン
全長 120.4m
114.0m(水線長)
全幅 11.66m
吃水 3.73m
機関 ヤーロー石炭専焼水管缶12基+直立型三段膨張式3気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 16,000hp
最大速力 25.0ノット
航続距離 -ノット/-海里(石炭:450トン)
乗員 268名
兵装 12ポンド:7.62cm(40口径)単装速射砲10基
オチキス 3ポンド:4.7cm(43口径)単装機砲8基
45cm魚雷発射管単装2門
装甲 甲板:19~51mm
司令塔:76mm

アドヴェンチャー級偵察巡洋艦 (Adventure class) はイギリス海軍防護巡洋艦の艦級。

概要[編集]

本級はイギリス海軍がリバー級駆逐艦en, 1913年以降はE級駆逐艦と呼称)らの水雷戦隊の旗艦用に小型かつ高速の防護巡洋艦として設計・建造したクラスである。海軍により同じ用途の巡洋艦は4社で各2隻ずつ建造されたがそれぞれ艦型が異なっており、イギリスの軍艦メーカー4社に競争試作を行わせた中でアームストロング社で建造されたものが本級である。同コンセプトの4級の内で最も全長が長い。1905年竣工。

艦形[編集]

1914年に撮られた「アテンティブ」。

本級の船体形状は短船首楼型船体である。艦首の乾舷のみ高い艦首甲板に「アームストロング 7.62cm(40口径)速射砲」が防盾の付いた単装砲架で並列で2基配置、司令塔を組み込んだ操舵艦橋と簡素な単脚式の前部マストが立つ。

船体中央部には4本煙突が立ち、その周囲には煙管型の通風筒が立っている。煙突の周囲は艦載艇置き場となっており、2本1組として片舷4組ずつ計8組のボート・ダビットにより運用された。舷側部には7.62cm速射砲が片舷3基ずつ配置された。後部甲板には7.62cm単装速射砲が後ろ向きに並列で2基配置された。

同型艦[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]