トパーズ級防護巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トパーズ級防護巡洋艦
HMS Topaze (1903) IWM Q 021861.jpg
就役時の「トパーズ」
艦級概観
艦種 防護巡洋艦
艦名 宝石の名
前級 チャレンジャー級防護巡洋艦
次級 -
性能諸元
排水量 常備:3,000トン
全長 113.73m
水線長 109.73m
全幅 12.19m
吃水 4.42m
機関 レアード・ノルマン式石炭専焼水管缶16基+直立式3段膨張型4気筒レシプロ機関2基2軸推進(アメシストのみパーソンズ直結タービン2基2軸推進)
最大速力 21.75ノット(アメシストは22.5ノット)
航続距離 -ノット/-海里(石炭:300トン)
乗員 296名
兵装 10.2cm単装速射砲12基
7.62cm:3ポンド単装速射砲8基
45cm単装魚雷発射管2門
装甲 甲板:19~51mm
防盾:25mm
司令塔:76mm

トパーズ級防護巡洋艦イギリス海軍防護巡洋艦である。イギリス海軍では三等巡洋艦に類別していた。


概要[編集]

本級はイギリス海軍が自国の沿岸防護のためにピローラス級防護巡洋艦の後継艦として1902年1903年計画で8隻の建造が計画されたが、1903年度計画の4隻はキャンセルされ、4隻が1904年から1905年に相次いで就役した。イギリス海軍最後の防護巡洋艦。「アメシスト」は蒸気タービンを搭載しており、これはイギリスの大型艦では初めての試みであった。

同型艦[編集]


関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 世界の艦船 増刊第46集 イギリス巡洋艦史」(海人社