ほくほく大島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ほくほく大島駅
駅舎(2007年11月3日)
駅舎(2007年11月3日)
ほくほくおおしま - Hokuhoku-Ōshima
まつだい (9.4km)
(6.2km) 虫川大杉
所在地 新潟県上越市大島区下達269-2
所属事業者 北越急行
所属路線 ほくほく線
キロ程 38.6km(六日町起点)
電報略号 オマ
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
73人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1997年(平成9年)3月22日
まつだい駅方約4.5kmの地点に儀明信号場がある。

ほくほく大島駅(ほくほくおおしまえき)は、新潟県上越市大島区下達にある北越急行ほくほく線

駅構造[編集]

  • 単式ホーム1面1線の高架駅無人駅となっている。自動券売機設置。
  • 駅舎は3階建てで、ホームへは階段とエレベーターで連絡している。待合室はホームに面する3階にあり、2階にはギター教室、1階にはかつて喫茶店が存在していた。
  • 両側ともトンネルに挟まれており、十日町方面側には鍋立山トンネルが近接している。
  • 当初は交換駅とする予定だったが、開業時に交換施設は設置されなかった。鍋立山トンネル坑口が広がっているのは、トンネル内に分岐器を設置する計画で建設したためである。[1]

駅周辺[編集]

  • 上越市 大島区総合事務所(旧大島村役場)

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである(出典:上越市統計要覧)。

  • 93人(2005年度)
  • 85人(2006年度)
  • 78人(2007年度)
  • 71人(2008年度)
  • 70人(2009年度)
  • 80人(2010年度)
  • 79人(2011年度)
  • 73人(2012年度)


歴史[編集]

駅名の由来[編集]

  • 駅名は開業当時の村名に路線名を冠したもの。開業前の仮称駅名は「頸城大島」だった。[2]

隣の駅[編集]

北越急行
ほくほく線
まつだい駅 - (儀明信号場) - ほくほく大島駅 - 虫川大杉駅

脚注[編集]

  1. ^ 『北越北線工事誌』 日本鉄道建設公団、日本鉄道建設公団、1998年3月、p349。
  2. ^ 『北越北線工事誌』 日本鉄道建設公団、日本鉄道建設公団、1998年3月、p348。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]