ええじゃないか (コースター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ええじゃないか
Eejanaika coaster FujiQ 1024.jpg
ええじゃないか入場口とコースター
所在地 富士急ハイランド
座標 北緯35度29分18秒 東経138度46分51秒 / 北緯35.48842度 東経138.780842度 / 35.48842; 138.780842座標: 北緯35度29分18秒 東経138度46分51秒 / 北緯35.48842度 東経138.780842度 / 35.48842; 138.780842
状態 営業中
開業 2006年7月19日
建築費 36億円
種別 鉄製 - 4次元
製作 S&S Power英語版
、設計と車両の製造を担当)
サノヤス・ヒシノ明昌
、レールと支柱の製造を担当)
モデル 4次元コースター
リフト チェーンリフトヒル英語版
最高部高度 76 m (249 ft)
最大落差 65 m (213 ft)
コース全長 1,153 m (3,783 ft)
最高速度 126 km/h (78 mph)
回転 14回(レールのループ2回+レールのひねり5回+座席回転7回)
所要時間 約2分
最大傾斜角 89°
許容乗客数 350人
(1時間あたり)
最大加速度英語版 3.67G
列車 1両編成5車両。乗客は1両20人定員の列車で単列4席に乗車。
車両の幅/長さ 6m/16m
身長制限 130~200cm
年齢制限 10~60歳
料金 1000円
ええじゃないか - RCDB
ええじゃないかの画像 - RCDB

ええじゃないかは、山梨県富士吉田市にある遊園地富士急ハイランドローラーコースターのひとつ。2006年7月19日に登場。FUJIYAMAドドンパ高飛車と共に同園「4大コースター」となっている。公式なロゴでは2文字目の「え」は天地が逆に書かれている。キャッチコピーは「前後左右、東西南北、驚天動地の大回転」。

概要[編集]

従来のコースターのループやひねりに加え、座席自体が前後方向に回転する機構を持つ、日本初・世界で2台目の四次元コースターである。総回転数14回というギネス記録を打ち立てた。ギネス認定証には「足が頭よりも上にくる回数が14回」と書かれている。これはギネスブックにおいて、ローラーコースターの回転の基準がそのようになっているためである。

スタート時はいきなり後ろ向きから。制御室のスタッフが「ぐるぐる回るけどええかな〜?」と言うと全員で「ええじゃないか〜!!」と叫ぶ。するとスタッフの手拍子で「ええじゃないかええじゃないか〜♪」と歌いだしスタート(開業からしばらくは拍手のみでスタート)。そして約76mの高さから89度の角度で落下し、ループやひねりのあるコースを走行する。

FUJIYAMA・ドドンパ同様、コース途中にライドフォトカメラを設置。乗車後にフォトショップ「踊る撮影局」で購入できる。フォトとシールの2種類。

車両[編集]

回転する機構をもった車両は長さが16m、幅が6mと一般のコースターよりもかなり大きい。また、レールから座席が大きくはみ出しており、乗客はレールが視界から見えにくいため開放感を味わえる。

座席が回転するため、安全装置はFUJIYAMAやドドンパに比べ厳重なものになっている。上半身を支える観音開き式のハーネスは上下にスライドするため、肩にしっかり当たるようになっている。肩の当たる部分には顔をぶつけないよう厚いクッションが付いている。このハーネスは非常に固く、スタッフにやってもらう必要がある。その他、腰に締める巻き取り式シートベルト、左右のハーネスをつなぐベルト、ハーネスと座席をつなぐベルトがある。

上半身は厳重なのに対し、下半身は膝から下がぶら下がった状態であるため、乗車中は足が勢いよく振られる。座席に足をぶつけることがよくあったためか、開業後しばらくして、ふくらはぎの部分にクッションが付けられた。

コース概要[編集]

巻き上げ
プラットホームを出ると180度ターンして巻き上げに入るが、このターン部分で座席が後ろに倒れ、頭が下の状態になる。巻き上げ手前で座席は仰向けの状態になり、そのまま地上76mまで上昇する。
ファーストドロップ
頂上に到着すると一旦バウンドし、直後に座席が前方に倒れ、真下を向いた状態で一気に落下する。曲線部分に差し掛かる直前で座席が前方に回転、後ろ向きで最高速度126km/hに到達し、その勢いのままループに突入する。
インサイドレイブンターン
ループ状のレールの内側を、座席がレールに背を向けた状態で頭から上昇していく。ループの頂上付近で座席が後方に回転した後、前向きで傾斜を落下していく。ライドフォトのカメラはここにあるが、カメラ目線で写るには非常に難しい。
フルツイスティング&フルフロントフリップ
レールが360度ひねられたコースを、座席が前方に360度回転しながら走行する。座席は逆さまにならず、前向き→後ろ向き→前向きという乗車感覚になる。
バンク大カーブ
座席がレールと向かい合った状態で足から突入する。レールのバンク角が90度以上あるので少し下を向いて走行する形になり、空を飛んでいる感覚を味わえる。カーブの終盤は駅舎ギリギリを走行する。
ハーフツイスティング&ハーフフロントフリップ
レールが180度ひねられたコースを、座席が後方に180度回転しながら走行する。通過後は必然的に後ろ向きに走行する。2回目のループ直後にもある。
アウトサイドレイブンターン
後ろ向きで突入し、頂上で座席が前方に倒れ、レールの外側を座席とレールが向かい合った状態で走行する。
ブレーキゾーン
2回目のハーフツイスティングを通過すると、突然座席が前方に倒れ、元に戻るという動きをして徐行しながらプラットホームへ入る。冬場では摩擦の関係で停止することが多く、後方の座席では座席が前に傾いた状態で止まることがある。

モデル[編集]

このコースターのモデルとなったのはアメリカの遊園地「シックス・フラッグス・マジック・マウンテン」の「X(エックス)」。世界初の座席が縦回転する四次元コースターとして2002年に先んじてデビューしている。実際に富士急行の社長がエックスに乗車してみて、導入を決定したという[1]。また、最初に有人走行を行なった際にも社長が乗車していたという。

ちなみにXは2008年に車両にオーディオ機能を搭載した「X2(エックスツー)」としてリニューアルオープンしており、レールや支柱のカラーリングもええじゃないかと同様のものに変わっている。

トラブル[編集]

開始から間もない2006年8月4日に緊急停止した。ブレーキの異常音が原因である。この影響で翌日から運営休止となったが、同年8月9日より運転を再開した。

2007年12月13日:停止していた車両が突然動き出し、作業点検中の社員が車両とレールの間に挟まれ、胸の骨を折り重傷を負う事故が発生した。

2009年1月3日:プラットホームを出てから約30m、地上約5mの地点で安全装置の作動により緊急停止した。巻き上げチェーンの緩みが原因である。この影響で終日運休となったが、翌日に運転を再開した。

2012年4月29日:走行中の車両からボルトが破損・落下し、コース下を歩いていた女性客の額に当たり軽傷を負う事故が発生した。この影響で終日運休となり、当面の間運営を中止する事となった。同年7月7日、再発防止対策を施し安全が確認された為、7月11日に運営再開すると発表された[2]。 ただし、今回の事故の影響により乗車時に履き物は全て脱ぐよう義務づけられ、鳥居から乗り場までの通路と、グレート・ザブーン横の通路が通行禁止となった。

ええじゃないか門前町[編集]

ええじゃないかの乗り場付近にある。全部で3つのお店が並んでいる。

  • 希代の豪商「今市屋(いまいちや)」 - ええじゃないか関連のオリジナルグッズを販売。
  • むね焼け茶屋 - 軽食を販売。
  • ふじやまたいやき - 富士山と鯛を組み合わせたオリジナルのたい焼きを販売。園内では鉄骨番長前、園外では富士山駅でも販売。

以下は過去に存在していた施設。

  • 堂納津堂(どうなつどう)「ええわ」 - ベビードーナツをはじめとした軽食を販売。
  • 占Q堂(せんきゅうどう) - おみくじ占いやクレーンゲームができる。

その他[編集]

ええじゃないかのラッピングを施した富士急行バス。中央高速バスで運行
  • コースターの構想はドドンパがオープンした2001年の暮れから開始。前述の通り社長自身が「X(エックス)」に乗車して導入が決定。
  • 赤いレールはかつて富士急に存在した「ムーンサルトスクランブル」をイメージしている。2000年にこのコースターが撤去されたため、それに変わる「キワモノ」コースターを造りたかったとのこと。ただし、2013年末からレールの塗り替えが行われ、焦げ茶色になった。理由としては富士山の世界文化遺産登録により景観が損なわれないようにする為と思われる。
  • 総工費はFUJIYAMA、ドドンパを上回る36億円。これは、富士急ハイランド内のアトラクション建設にかけた金額としては史上最高額である。
  • 座席の回転の仕組みは、レールに取り付けられた細長いギア(ラックギア)が走行中に上下し、座席に取り付けられた円形のギア(ピニオンギア)が連動するため回転する。そのため、体に負担をかかりにくくするために向きを調整したり、前向きから後ろ向きに切り替えたりといった計算された回転をしているので、何回乗っても回転のパターンは変わらない。
  • 車両の構造上、乗車前に途中で通路が左右に分かれるようになっている。左側ではコースターが駅舎ギリギリを猛スピードで走行していく様子を間近で見ることができる。ちなみに、この駅舎にぶつかりそうな感覚を味わえるのは分岐点右側の通路である。
  • 和・神社をテーマにしている。大きな車両をコースターの神様に見立て、プラットホームは車両が鎮座している様子をイメージしている。スタッフの衣装も和風柄のバンダナと「ええ」のロゴが描かれたエプロン(冬場は背中にロゴが描かれたダウンジャケット)となっている。
  • 駅舎の壁一面には、大きな唐草模様が描かれている。また、2009年の初め頃には駅舎前のキューラインに、割り込み防止と思われる囲いが設置された。
  • ファーストドロップ付近には鳥居がある。これにはネーミング候補に挙がった御札が描かれているとのこと。
  • 敷地内やキューラインではスピーカーから「ええじゃないか音頭」が流れている。注意事項の説明と共に「ええじゃないかええじゃないか〜♪」という音楽が延々と続く。
  • 富士急行バスにも「ええじゃないか」ラッピングを施したバスが数台在籍し、中央高速バスで運行されている(写真を参照)。
  • CMでちゃぶ台をひっくり返す父親を演じているのは悪役商会滝川健で、母親を演じているのは女優の池谷のぶえ
  • TBS系で2006年9月24日に放送された「DOORS 2006」では、番組内のゲームとして、乗車しながら5つの問題に答える「クイズdeええじゃないか」として放送された。
  • オープニングセレモニーにはええじゃないか騒動発祥の地とされる愛知県豊橋市の関係者が招待された。これは豊橋市側から新コースターの名称が『ええじゃないか』になったという噂を問い合わせたことが縁である。
  • セレモニーには小川直也スピードワゴンAKB48も登場した。当初はセレモニー終了後、ええじゃないかに乗車する予定であったが、オープン当日が雨天だったため運行できず、代わりにグレート・ザブーンに乗ることになった。
  • 2007年11月9日には、乗車人数が100万人を突破した。
  • 2014年4月24日より、赤色の新車両が追加された。これはこれまでの車両と構造が異なっている。当初は1月11日に登場する予定だったが延期された。

注記[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]