Г

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cyrillic letter Ghe.png
キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
Ђ Е Ё Ѐ Є Ж З
Ѕ И І Ї Й Ѝ Ј
К Ќ Л Љ М Н Њ
О П Р С Т Ћ У
Ў Ф Х Ц Ч Џ Ш
Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я
非スラヴ系文字
Ӑ Ӓ Ә Ӛ Ӕ Ғ Ӷ
Ҕ Ӗ Ӂ Җ Ӝ Ҙ Ӟ
Ӡ Ӣ Ӥ Ҋ Ҡ Қ Ҟ
Ӄ Ҝ Ӆ Ӎ Ң Ӊ Ӈ
Ҥ Ө Ӧ Ӫ Ҧ Ҏ Ҫ
Ҭ Ҵ Ӳ Ӯ Ү Ұ Ӱ
Ҳ Һ Ҩ Ҷ Ӌ Ҹ Ӵ
Ҽ Ҿ Ӹ Ҍ Ӭ Ӏ
初期キリル文字
Ҁ Ѹ Ѡ Ѿ Ѻ Ѣ
Ѥ Ѧ Ѫ Ѩ Ѭ Ѯ Ѱ
Ѳ Ѵ Ѷ
キリル文字一覧

Г, г は、キリル文字のひとつ。ギリシャ文字Γ(ガンマ)に由来する文字で、ラテン文字CGと同系の文字であり、Gに相当する。

由来[編集]

ギリシア文字Γ γ(ガンマ)に由来する。ガンマは古ギリシア語で[g]と発音され、新ギリシア語で[γ]あるいは[ʝ]と発音された。ベータはフェニキア語Phoenician gimel.png(ギメリ)に起源を持つ。

呼称[編集]

音素[編集]

原則として[g]を表す。

アルファベット上の位置[編集]

ウクライナ語、セルビア語、ブルガリア語、ベラルーシ語、マケドニア語、ロシア語の第4字母である。

Гに関わる諸事項[編集]

  • 特に古い時代のロシア語では外来語の「H」や[ɦ]の音をГで表記することが多かった。最近ではХを使うことが多いが、借用時期が古いものであれば現代でもГが使われている。(例:Йокогама(横浜)→現代ではЙокохамаЯкохамаの方が一般的。現代発音はいずれもヤコハーマ)
  • ロシア語のегоогоという表記は、語末に来るとГ[v]の発音になることが多い。語末でなくても、сегодня(今日)のように特殊変化する場合がある。
  • ウクライナ語で[g]を表すにはҐを用いる。日常的には[g][ɦ]の発音は区別されずに使用されることもある。表記の際も、Ґの代わりにГを代わりに用いられることも珍しくない。
  • ウクライナ語訛りのロシア語でも[ɦ]を表す。
  • アゼルバイジャン語のラテン文字表記では Q に対応する。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Г U+0413 1-7-4 Г
Г
г U+0433 1-7-52 г
г

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • (ウクライナ語) Сучасна українська мова / О. Д. Понаморів, В. В. Різун та ін.; За ред. О. Д. Понаморева. — 2-ге вид., перероб. — К.: Либідь, 2001.(O・ポノマリーウ編『現代ウクライナ語』第2版、キエフ、2001)