Ә

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cyrillic letter Schwa.png
キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
Ђ Е Ё Ѐ Є Ж З
Ѕ И І Ї Й Ѝ Ј
К Ќ Л Љ М Н Њ
О П Р С Т Ћ У
Ў Ф Х Ц Ч Џ Ш
Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я
非スラヴ系文字
Ӑ Ӓ Ә Ӛ Ӕ Ғ Ӷ
Ҕ Ӗ Ӂ Җ Ӝ Ҙ Ӟ
Ӡ Ӣ Ӥ Ҋ Ҡ Қ Ҟ
Ӄ Ҝ Ӆ Ӎ Ң Ӊ Ӈ
Ҥ Ө Ӧ Ӫ Ҧ Ҏ Ҫ
Ҭ Ҵ Ӳ Ӯ Ү Ұ Ӱ
Ҳ Һ Ҩ Ҷ Ӌ Ҹ Ӵ
Ҽ Ҿ Ӹ Ҍ Ӭ Ӏ
初期キリル文字
Ҁ Ѹ Ѡ Ѿ Ѻ Ѣ
Ѥ Ѧ Ѫ Ѩ Ѭ Ѯ Ѱ
Ѳ Ѵ Ѷ
キリル文字一覧

Ә, ә は、キリル文字のひとつ。ドンガン語で使用されているほか、アゼルバイジャン語タタール語トルクメン語チワン語で使用されていた。

呼称[編集]

  • ロシア語ではыо
  • Unicode名ではCYRILLIC LETTER SCHWA.

音素[編集]

  • [æ],[ə],[a]
  • アブハズ語ではгәдәкәなどの形で用いられ、直前の子音が唇音化することを表す。

アルファベット上の位置[編集]

  • ドンガン語をキリル文字で表記する時の第8字母。
  • アゼルバイジャン語をキリル文字で表記する時の第8字母。
  • タタール語をキリル文字で表記する時の第2字母。
  • トルクメン語をキリル文字で表記する時の第32字母。

Әに関する諸事項[編集]

  • ドンガン語では、1932年から1953年までラテン文字表記用の拡張文字として使用された。1953年からはキリル文字表記用の拡張文字として使用されている。[ə]を表す。
  • アゼルバイジャン語は、1940年にラテン文字表記からキリル文字表記に改められた。1991年に、再びラテン文字の復活が決定され、2003年からキリル文字による表記は廃止された。(アゼルバイジャン語の項から趣意を抜粋)
  • タタール語は、1939年にラテン文字表記からキリル文字表記に改められた。1999年に、再びラテン文字の復活が決定され、2001年から実行に移された。2011年までの目標で、キリル文字からラテン文字への移行が進められている。(タタール語の項から趣意を抜粋)
  • トルクメン語は伝統的にアラビア文字で書かれてきたが、ソビエト連邦時代にはキリル文字を使用した。1991年に独立した後、ラテン文字の正書法が制定され、移行が進められている(トルクメン語の項から趣意を抜粋)。
  • チワン語では、1957年から1981年までラテン文字表記用の拡張文字として使用された。短母音の[a]を表した。1981年以降はaeと綴る方法に改められた。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ә U+04D8 Ә
Ә
ә U+04D9 ә
ә

関連項目[編集]