U-20サッカーコリア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
U-20サッカーコリア代表
国または地域 朝鮮の旗コリア
大韓民国の旗 韓国
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
協会 大韓サッカー協会
朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会
最多得点選手 Choi Chol(2得点)
FIFA U-20ワールドカップ
出場回数 1回
最高成績 ベスト8(1991)
AFC U-19選手権
出場回数 0回

U-20サッカーコリア代表は、大韓サッカー協会及びに朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会よって編成されるコリアサッカーの20歳以下のナショナルチームである。20歳以下の選手を対象とするFIFA U-20ワールドカップに出場するためのチームである。

解説[編集]

1990年AFC U-19選手権AFCユース選手権1990)でU-20韓国代表U-20北朝鮮代表が決勝で顔を合わせ、0-0の激闘を演じた。PK戦で4-3で勝利した韓国が優勝、北朝鮮が準優勝となった。この両国の健闘や、翌1991年3月日本千葉県で開催された第41回世界卓球選手権大会で史上初めて南北統一チームが組まれた事もあり、サッカーの世界大会でも南北統一チームとして参加させようという機運が、韓国・北朝鮮両国の間で高まっていた。そして、1991年5月に開催された1991 FIFAワールドユース選手権にて、U-20サッカーコリア代表として南北統一チームを結成した。

前評判はあまり高くなかったものの、グループリーグ初戦で、アルゼンチンを1-0で破る番狂わせを演じた。続くアイルランドに1-1で引き分け、この大会で優勝したポルトガルに0-1で惜敗したものの、グループリーグを2位で突破。準々決勝でブラジルに1-5で大敗するも実力の高さを世界にアピールした。

しかし、この大会以降、両国の関係の悪化もあって、U-20代表はおろかナショナルチームにおいても南北統一チームは実現していない。

FIFA U-20ワールドカップ[編集]

AFC U-19選手権[編集]

この大会では、コリア代表としてチームが結成された事はない。参考までに、結成のきっかけとなった以下の大会の結果を載せる。

  • 1990 優勝(韓国)、準優勝(北朝鮮)

関連項目[編集]