Rリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Rリーグ(アール・リーグ)は、大韓民国サッカーKリーグクラシックKリーグチャレンジに所属するサッカークラブのリザーブチームによるリーグ戦である。

沿革[編集]

韓国Kリーグのリザーブチームによるリーグ戦は1990年に1年間だけ開催され、Kリーグのリザーブチーム5つが参加した[1]

その後、2000年から2グループに分かれたリーグ戦「Kリーグ・2軍リーグ」が開催され、2000年はKリーグの9つのリザーブチームが参加した。翌2001年から韓国警察庁サッカー団が参加し、2002年からは尚州尚武FCのリザーブチームも参加した。2009年にリーグ名を改称し、リザーブ(Reserve)の頭文字をとって「Rリーグ」になった。2011年光州FCを除いたKリーグ所属の15クラブと韓国警察庁サッカー部の16チームが参加し、8チームずつの2グループによるリーグ戦となった。

2012年以降のRリーグは、Kリーグの1・2部制の導入にともない廃止が検討されるようになった。これに対して一部のクラブは、若手選手の育成のために実戦機会の提供の場が必要であるとして廃止に反対した。2012年は、一部のクラブが出場辞退をしたため、Kリーグの10チームと韓国警察庁サッカー部を加えた11チームが2グループに分かれてリーグ戦を戦った。出場選手は、当該年の1月1日を基準とした23歳以下に制限されるようになった。ただしオーバーエイジにより、3名までは23歳を超える選手も出場可能である[2]。Rリーグは2013年から2015年まで休止し、2016年に再開した[3]

脚注[編集]

  1. ^ “프로축구 2군리그 5개구단 내년 창설”. Mail Business Newspaper. (1989年12月6日). http://dna.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1989120600099216009&editNo=1&printCount=1&publishDate=1989-12-06&officeId=00009&pageNo=16&printNo=7312&publishType=00020 
  2. ^ K-리그 2군 리그 개막, 연령 제한 생겼다(スポーツ朝鮮、2012年3月28日。5月5日閲覧)
  3. ^ R League Club Ranking”. 2017年9月22日閲覧。

出典[編集]