TSUBASAアライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TSUBASAアライアンス(つばさアライアンス)は、2015年に発足した地方銀行広域連携の枠組み。

概要[編集]

源流は2006年に日本IBMが企画した「次世代金融サービスシステム研究会」で、営業店やCRMなどの周辺システムから共同化を進めるなど、勘定系システムのベンダーに縛られない緩やかな連携を特徴とした[1]

2012年10月に参加行(当時5行)と日本アイ・ビー・エムにより基幹系システム共同化の基本合意を締結。基幹系システムの範囲は、勘定系・対外系システムに加え、コンビニATMなどのチャネル連携システムやサブシステムへのデータ連携システムも含む。開発は千葉銀行第四銀行(現:第四北越銀行)・中国銀行、開発支援および稼働後の運用は日本アイ・ビー・エム。2016年に千葉銀行が基幹系共同システムに移行したのを皮切りに、2017年に第四銀行(現:第四北越銀行)・中国銀行が移行。

2020年には、「TSUBASAアライアンス」参加行による共同出資会社が設立。[2]

歴史[編集]

「TSUBASAアライアンス」および前身の「TSUBASA(翼)プロジェクト」の歴史は以下の通り。

  • 2006年 「次世代金融サービスシステム研究会」発足(千葉銀行第四銀行(現:第四北越銀行)、北國銀行。後に中国銀行伊予銀行東邦銀行が参加。「TSUBASA(翼)プロジェクト」の源流。)[3]
  • 2008年 基幹系システム共同化の「TSUBASA(翼)プロジェクト」開始[4]
  • 2012年10月 基幹系システム共同化の基本合意締結を発表(千葉銀行、第四銀行(現:第四北越銀行)、中国銀行、日本IBM)[5]
  • 2015年10月 「TSUBASA金融システム高度化アライアンス」発足(千葉銀行、第四銀行(現:第四北越銀行)、中国銀行)
  • 2016年1月 千葉銀行が基幹系共同システムへ移行[6]
  • 2016年3月 伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行が参加
  • 2016年7月 「T&Iイノベーションセンター」設立(6行および日本IBMの共同出資会社)
  • 2017年1月 第四銀行(現:第四北越銀行)が基幹系共同システムへ移行
  • 2017年5月 中国銀行が基幹系共同システムへ移行
  • 2018年4月 北越銀行が参加(7行目)、「TSUBASAアライアンス」に名称変更
  • 2019年3月 武蔵野銀行が参加(8行目)
  • 2019年5月 滋賀銀行が参加(9行目)
  • 2020年4月 琉球銀行が参加(10行目)[7]
  • 2020年10月 TSUBASAアライアンス株式会社が業務開始。[2]
  • 2020年12月 群馬銀行が参加(11行目)[8]
  • 2021年1月 第四北越銀行が営業開始(第四銀行と北越銀行の合併行、勘定系は第四銀行のTSUBASA共同化に一本化)[9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地銀の勘定系 争奪戦に異変 - 日経コンピュータ
  2. ^ a b 「TSUBASAアライアンス」参加行による共同出資会社の設立について”. 2020年7月21日閲覧。
  3. ^ 日本IBM、TSUBASA(翼)プロジェクトの基幹系共同システムが中国銀行で稼働開始 - 日本経済新聞
  4. ^ TSUBASA(翼)プロジェクト、基幹系共同システムが千葉銀行で稼働開始 - IBM
  5. ^ 千葉銀など地銀3行が勘定系システムを共同化へ、日本IBMが受注 - 日経XTECH
  6. ^ 千葉銀行、「TSUBASAプロジェクト」基幹系共同システム稼働開始 - ZDNet
  7. ^ 「TSUBASAアライアンス」への参加について - 琉球銀行
  8. ^ 「TSUBASAアライアンス」への参加について|2020年度|ニュースリリース|群馬銀行”. www.gunmabank.co.jp. 2020年11月9日閲覧。
  9. ^ 当社子銀行の合併およびシステム事務統合の完了ならびに新銀行の営業開始のお知らせ

外部リンク[編集]