TOPCAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TOPCAT
ジャンル バラエティ番組
演出 中谷泰人
出演者 金澤聡
Take2
安めぐみ
製作
プロデューサー 中谷泰人
制作 仙台放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年1月 - 2000年
放送時間 木曜日 24:40 - 25:10
放送分 30分
テンプレートを表示

トップキャット』(Topcat)は、1998年平成10年)1月から2年間、仙台放送で放送されていた深夜のローカルバラエティ番組である。

概要[編集]

人気を博したご当地バラエティ番組であり、毎週木曜日の深夜24時40分からという放送時間にもかかわらず、最高視聴率9.7%、平均でも5%前後の好視聴率を記録していたといい[要出典]、放送期間中にさくらんぼテレビ福島テレビ岩手めんこいテレビでの放送も開始された。番組タイトルは、英語スラングの「番長」から命名されたものである。

番組内容は、前期と後期とで異なる。前期では、仙台放送アナウンサーの金澤聡(カナウンサー)が番組をナビゲート。ゲストとのスポーツ対決ものや恋愛相談コーナーがメインだった。スピッツL'Arc〜en〜Ciel奥田民生山崎まさよしのように、著名ではあるがテレビにはあまり出演しないミュージシャンたちも出演していた。後期では、お笑いタレントのTake2がMCとなり、タイトルも『TOPCAT with Take2』へ変更。番組アシスタント(TOPCATGirls)の1人に、当時デビュー直後でまだ10代だった安めぐみも起用されていた。

また、お笑いライブを開催し、番組と連動させるなど、ネタ番組がほとんど無い時代にお笑いに力を入れていた。第一回TOPCAT杯若手芸人対決では、優勝がスープレックス(後に解散し、劇団ひとりがソロ)だった。番組にはU-turn (後に解散し、土田晃之がソロ)も数多く登場していた。

出演者[編集]

MC・アシスタント[編集]

『TOPCAT』
『TOPCAT with Take2』

ゲスト[編集]

前期・後期通じての主なゲスト。

スタッフ[編集]

  • プロデュース・総合演出:中谷泰人
  • 技術:東北共立

脚注[編集]

[ヘルプ]