RiM-f

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RiM-f(リム・ふくやま)
RiM-f FUKUYAMA
店舗概要
所在地 720-0067
福山市西町5-22
開業日 2013年(平成25年)4月25日
(建物の名称変更兼部分開業)
[1]2013年(平成25年)9月12日
(グランドオープン)
施設所有者 福山市
施設管理者 大和情報サービス株式会社[1]
設計者 鈴木工務店 (広島県福山市)
施工者 鈴木工務店
商業施設面積 30,700[2]
中核店舗 MrMax
営業時間 専門店10:00~20:00、レストラン11:00~22:00 (一部店舗除く)
駐車台数 1,200台
前身 福山そごう

福山ロッツ
最寄駅 福山駅
外部リンク 公式サイト

RiM-f (リム・ふくやま) 広島県福山市にある大規模複合商業ビル。2013年9月20日以降ディスカウントスーパー『MrMax』が核テナントになっている。2013年以前は百貨店天満屋が運営する商業施設福山ロッツで、2000年以前は福山そごうとして営業していた。 福山市曙町に本社を置く、エフピコが2013年4月25日から2018年4月24日までの5年間のネーミングライツを取得しており、エフピコRiMとして営業していた。

立地は、福山駅から400mほど西へ行った福山市西町で、徒歩で5分ほどかかる場所にある。

歴史[編集]

福山そごう[編集]

1992年 (平成4年) 4月29日開店。福山駅から西に400mの山陽染工の工場跡地へ出店。福山駅から少し離れた場所に出店したため、売り上げが伸び悩み2000年 (平成12年) 12月25日に閉店した。

福山ロッツ[編集]

2003年 (平成15年) 4月25日開店。天満屋が運営する大型複合商業施設として再起を図った。そごう時代のコストがかかる内装は一部撤去されるなど、低コストへの努力も図られた。しかし、そごう時代と同様に福山駅から少し離れていることが仇となりテナントが次々と撤退。一部フロアを閉鎖するなどして営業を続けていたが、2013年 (平成25年) 4月24日に閉店した。

RiM-f (リム・ふくやま)[編集]

2013年 (平成25年) 4月25日に福山ロッツ時代からある一部テナントをそのまま営業させ、RiM-f (リム・ふくやま) として開業した。同年9月12日に全面開業し、くまざわ書店seria、ホームセンターのナフコなど5階までの店舗がそろった(6階以上のフロアは福山市の施設となっている。)。また、9月20日に中核店舗のMrMaxが地下1階に開業した[3]

フロア構成[編集]

  • 9階(一部屋上階) - エステサロン・ヘアサロン・屋上ビアガーデン
  • 8階 - ふくやま書道美術館 レストラン・焼肉
  • 7階 - 公共施設「ふくやまものづくり交流館」
  • 6階 - リムこどもの国(休館日:月曜日)
  • 5階 - ナフコTWO-CNE STYLE
  • 4階 - 専門店街
  • 3階 - 専門店街
  • 2階 - 専門店街
  • 1階 - 専門店街
  • B1階 - MrMax
  • B2階 - 公共施設・オフィス

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b おしらせ/弊社受託施設「RiM-f (リム・ふくやま) 」の営業を開始しました”. 大和情報サービス. 2017年7月22日閲覧。
  2. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report) (日本ショッピングセンター協会 2013年12月)
  3. ^ 「リムふくやま」、9月に全面開業 広島・福山 ”. 日本経済新聞. 2017年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]