RAB耳の新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RAB耳の新聞
ジャンル 情報番組
放送方式 録音
放送期間 1978年5月6日 -
放送時間 日曜 6:40-7:00
放送局 青森放送ラジオ
パーソナリティ 板橋和幸
秋田修
テンプレートを表示

RAB耳の新聞(アールエービーみみのしんぶん)は、青森放送ラジオで放送されている番組である。

概要[編集]

1978年5月6日から開始され、2008年5月で放送開始から30年を迎えた長寿番組である。

当番組は、視覚障害者が企画・取材からオンエアに至るまでの番組製作全般を受け持っている。

放送時間[編集]

出演者[編集]

現在の出演者[編集]

  • 当番組では出演者のことを「パーソナリティー」と呼んでいる。
    • 板橋和幸
    • 秋田修(弘前地区担当・マッサージ治療院 「さぱりあん」 院長)
その他

過去の出演者[編集]

  • 安達尚彦(初代MC[2]

その他[編集]

  • 2008年8月19日火曜日あおもりTODAY「火曜なんだ?かんだ!」で「RAB耳の新聞31年なんだ?かんだ!」が放送されて、1978年5月6日土曜日の第1回放送のオープニング部分が放送された。また、当番組のパーソナリティ8人全員が、当コーナーに出演した。
  • また、この「RAB耳の新聞31年なんだ?かんだ!」では、番組開始にあたってのエピソードも放送された。
  • 2009年3月4日には当番組30周年記念として青森市民ホールで「すぎもとまさとハートフルコンサート」が開催された。

受賞歴[編集]

  • 「昭和53年度 ギャラクシー選賞」受賞[3]
  • 「昭和54年度 日本民間放送連盟賞 ラジオ放送活動部門」入選[4]

脚注[編集]

  1. ^ 番組開始時点では、17時10分~17時30分の放送。(「青森放送50年史」87頁「業容拡大の時代」から)
  2. ^ 『青森放送二十五年表』336頁「第六章 多角化経営時代」に記載あり。
  3. ^ 出典:東奥年鑑1980年版295ページ「文化-放送・宗教」の青森放送の項
  4. ^ 出典:「青森放送50年史」87頁「業容拡大の時代」に記載あり。

関連項目[編集]