Prey

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PREY』は、ファーストパーソン・シューティングゲーム。本項では2006年、2017年に発売されたものを合わせて扱う。

2006年版[編集]

Prey
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 Xbox 360
Microsoft Windows
開発元 [XB360]Venom Games
[Win]Human Head Studios
発売元 アメリカ合衆国の旗 2K Games
日本の旗 スパイク(のちのスパイク・チュンソフト
人数 [オフライン]1人
[オンライン]1-8人
メディア DVD
発売日 アメリカ合衆国の旗 2006年7月11日
欧州連合の旗 2006年7月14日
日本の旗
[XB360]2006年12月28日
[Win]2008年2月8日
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
CEROD(17才以上対象)
エンジン id Tech 4(DOOM3エンジン)
その他 日本語版はXB360版のみ発売
テンプレートを表示

2006年版はヒューマンヘッドスタジオ製作、2K Gamesより2006年7月にXbox 360Windowsで発売された。日本ではXB360版がスパイク(のちのスパイク・チュンソフト)より同年12月28日に発売され、PC版が2008年2月8日に発売された。

元々1995年に3D Realms社が『Duke Nukem 3D』の次作品として製作発表したFPSであるが、スタッフの独立やエンジンの変更などが相次ぎ1999年に製作を一旦凍結。その後2002年よりヒューマンヘッドスタジオが中心となり3D Realms社はプロデューサーという形で製作が再開され、2006年に発売に至った。ゲームエンジンはDOOM3エンジンを独自に改良したものを用いている。

ゲームの舞台はアメリカから始まる。その後宇宙船そして地球に隣接された惑星規模の巨大な球体「スフィア」内へと移るが、そこはさらわれた大勢の人間、子供の他、アメリカの様々な雑貨や車、航空機など地球上から吸い上げられたものであふれ、ロックなどの音楽やアメリカからのラジオ放送なども流れている。なお「Prey」は日本語で「肉食動物に捕食される餌」という意味である。

登場人物[編集]

出典:[1]

トミー
本作の主人公であるチェロキー族の青年。
タロン
トミーの相棒の鷹の精霊。
エニシ
トミーの祖父。エイリアンによって殺害されるが、魂はチェロキー族の地で生き続けている。
ジェン
トミーのガールフレンド。
ハイダー
スフィアからの脱出を目的としている集団。

システム[編集]

本作には一般的なFPSには見られない次のようなシステムが盛り込まれている。

スピリットウォーク
いわゆる幽体離脱。肉体から離れ普通であれば行けない様な場所にも行く事が出来る。
デスウォーク
本作においてゲームオーバーは無く、たとえ死亡してもその場に何度でも復活できる。具体的には、死ぬと死後の世界に向かうが、そこでデスレイスという浮遊体を弓矢で仕留める事で現世に戻る事が出来る。その際、体力などの回復量はデスレイスを仕留めた数に比例する。
ウォールウォーク
特定の床は、重力に関係なく続く限り歩く事が出来る。結果的に天井や壁を歩く事にもなるが、重力自体は存在するため、床から足を離した瞬間に重力方向へ落下する。例えば、天井を歩いている際にジャンプすると、その下の床に落ちる。
重力制御
ウォールウォーク以外に、重力そのものをコントロールする事が出来る。これによって重力そのものが変わるので、たとえ天井でジャンプしても床に落ちる事は無い

評価[編集]

海外での評価は軒並み高いが、ゲームオーバーが無く死んでもその場で復活できることに「ぬるい」とする評価も多い。また、人が何度も串刺しにされた挙句プレス機で潰されるというような非常に残酷な表現が多かったり、全体的に体内や内臓を思わせる生々しいグラフィック表現が多かったりすることから、好みが激しく分かれる世界観になっている。その人を選ぶ内容は、肯定派と否定派の真っ二つに分かれる傾向の原因ともなっている。

2017年版[編集]

Prey
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 Arkane Studios
発売元 ベセスダ・ソフトワークス
人数 1人
メディア Blu-ray Disc
[Win]ダウンロードのみ
発売日 アメリカ合衆国の旗 2017年5月5日
日本の旗 2017年5月18日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
テンプレートを表示

2017年版は日本ではベセスダ・ソフトワークスより2017年5月18日に発売された。

2006年版発売直後に続編の開発が決定し[2]、その後も2012年リリース予定であるなど[3]続報が公開されていたが、開発中止が決定[4]。同社傘下でかつてBioShock2Dishonoredの開発経験のあるArkane Studiosが引き継ぐことが改めて発表された。

登場人物[編集]

モーガン・ユウ
本作の主人公。宇宙ステーション「タロスI」で行われていた実験に参加していたが、ティフォンの襲撃によりこれらと戦う事になる。
ティフォン
タロスIを襲撃した地球外生命体。


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PCゲームレビュー「Prey」 Game Watch 2006年8月22日
  2. ^ 3D Realmsのスコット・ミラー氏,「Prey」の続編について発言”. 4Gamer.net (2006年8月18日). 2017年5月15日閲覧。
  3. ^ Bethesda Softworks,「Prey 2」を2012年に発売。ティーザームービーも公開だ”. 4Gamer.net (2011年3月22日). 2017年5月15日閲覧。
  4. ^ 開発中止が報じられていた「Prey 2」が復活? E3 2016で再発表の噂が立つ”. 4Gamer.net (2016年5月25日). 2017年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]