Petty Booka

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Petty Booka(ペティブーカ)は、日本の女性ポップ・デュオ。1995年インディーズでデビューし、1997年にメジャーに進出した。プロデューサーは麻田浩

メンバー[編集]

  • アサノサトミ(初代Petty)- 元Flamenco A Go Go、1999年Petty Booka脱退
  • ススキダユウカ(初代Booka)- 元Flamenco A Go Go
  • 森山奈歩(2代目Petty)- 1999年加入
  • 池勝麻衣子(2代目Booka)- 元キャンディ・アイスラッガー
  • 橋本美香(3代目Petty)- THE DUET・元制服向上委員会(SKiファミリー)- 2008年より
  • 松尾真冬(3代目Booka)- THE DUET・元制服向上委員会(SKiファミリー)- 2008年より
  • 木田沙織(4代目Booka)- THE DUET(SKiファミリー)- 2008年7月より
  • sachiko(5代目Petty)- 2011年より
  • CHiKA(5代目Booka)- 2011年より

来歴[編集]

1995年にインディーズでデビューし、1997年、アルバム『Hawaiian Pure Heart-ハワイの純真-』でメジャーに進出。ウクレレを持ったハワイアンカントリーのスタイルで、洋邦のロックやポップスの曲をカバーした。マーティン・デニーが参加した『BLUE LAGOON~ペティブーカの青い体験~』、『Dancing with Petty Booka -ペティ・ブーカと踊ろう!』は傑作アルバムとされる。ライブも精力的にこなし、2002年からアメリカの音楽フェスティバル、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に3年連続で出演。2003~2005年には全米ツアーも行った。

森山奈歩の結婚後は活動休止状態だったが、2008年よりSKiファミリーでTHE DUETとして活動している橋本美香松尾真冬が4代目Petty Bookaとして、自身の活動と並行して活動を開始。3月にはSXSWに出演したほか、Japan Nite US tour 2008と題し全米ツアーも行った。7月からはTHE DUETのメンバーチェンジに伴い、Bookaが木田沙織に交代した。

2011年8月、湘南を中心にそれぞれソロで活動しつつ二人でsatchicaというユニットでも活動するsachikoCHiKAが5代目Petty Bookaを襲名しウクレレピクニック(横浜赤レンガ倉庫)で初ステージ。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Toconut's Hawaii(1995年7月、BENTEN)
  • FUJIYAMA MAMA(1996年5月、BENTEN)
  • Christmas Everywhere(1996年、BENTEN)
  • Hawaiian Pure Heart-ハワイの純真-(1997年6月、シスターレコード=日本クラウン
  • SWEET HEART OF THE RADIO-ラジオの恋人-(1997年11月、シスターレコード=日本クラウン)
  • BLUE LAGOON~ペティブーカの青い体験~(1998年6月、シスターレコード=日本クラウン)
  • Dancing with Petty Booka -ペティ・ブーカと踊ろう!(1999年2月、シスターレコード=日本クラウン)※収録曲「Bla Bla Bla Cha Cha Cha」がカンパリ(イタリア)2009年CMソングとして採用
  • UKULELE LADY(1999年7月、BENTEN)
  • Summer Breeze(2000年6月、シスターレコード=日本クラウン) ※ベスト・アルバム
  • Singin' in the Rain*雨に唄えば*(2001年5月、BENTEN)
  • TOKYO Bluegrass Honeys(2008年7月、BENTEN)

シングル[編集]

以上のほか、アナログ盤やアメリカで発売された編集盤などがある。

外部リンク[編集]

Petty Booka公式サイト

Template:Petty Booka