NAGE LIBRE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NAGE LIBRE 静寂の水深』(ナージェ・リーブル せいじゃくのすいしん)は1995年2月24日バリエからスーパーファミコン用に発売されたシミュレーションRPGである。

概要[編集]

面クリア型のシミュレーションRPG。敵とはカードバトルで対決しキャラの育成はカードの使い方で成長タイプが変わっていきターン制を採用せず、駒のスピードで動く順番が決まると言うシステムを使用している。

あらすじ[編集]

高校生の霧島惟はいつもの通り学校に行く所で体に寒気とも悪寒とも言えないような感覚を感じる。だが、その感覚は急に訪れたのと同じように急に去って行ったので彼女はそれほど気にすることなく学校へ行くが異変は起きていた。学校へ着くと様子、雰囲気がいつもと違うように感じられ学校の中には顔見知りは無くそれどころか人々は彼女を見ると持ち前の武器で襲い掛かってきた。

登場人物[編集]

霧島惟(きりしま ゆい)
元気な女の子。高校2年生。何事にも前向きな性格。5人の中心的な存在となるバランス型。
葵嶺子(あおい りょうこ)
育ちのいいお嬢様。利発ではあるがのんびりとした物腰からトロそうにも見え実際スピードは遅いがそれ以外の能力は高い。
姫ノ木舞(ひめのぎ まい)
子供な性格。いつもニコニコ元気が信条。自分のことを「舞ちゃん」と呼びスピードが速い。
桜井彩香(さくらい あやか)
当初は洗脳され敵として現れる。長スカートに制服のリボンで後ろ髪を束ねるなど改造した制服を着て一見不良のような感じもするが性格は思ったより純粋でみんなを引っ張って行く人の良い所もある。攻撃力は高いが防御は低い。
静本美姫(しずもと みき)
大人しい眼鏡っ子。そのためみんなに引っ張られて行くような部分もある。どっちかと言えば気弱なタイプ。低バランス型で4人のサポートとカバー、追い討ちをかけるための連携要員が中心となる。

誕生石システム[編集]

ゲーム開始時に決めた、主人公キャラの「誕生日」及び「誕生石」戦闘中に配られる、カード一枚につき、1つだけついてくる。この宝石がそのキャラクターの誕生月と同じカードだった場合、「誕生石効果」というものが現れ、カードの威力が倍増する。 誕生石は以上の通り。

カード[編集]

  • ATKカード
攻撃カード。ステータス「腕力」との関係で相手に与える威力が決定する。
  • DEFカード
防御カード。カードの数値によってステータス「防御」が上がっていき、敵から受けるダメージが小さくなる。
  • HPカード
回復カード。カードの数値がステータス精神力によって、回復できる体力の数値が決まる。
  • ESCカード
逃走する。カードの数値で逃走確率が上がる。逃走が成功した場合、精神力によって体力が回復する。
  • SPカード
超必殺技カード。部活によってそれぞれが強力な攻撃をする。
  • CHGカード
このカードを使うと、買い物画面で買ったカードが使うことができる。
  • COSカード
着替えカード。このカードを選んだ後、「夏服」「冬服」「コート」「体操着」「水着」の中から着替える服装を選ぶ。着る服によってステータスが変化する。
  • ???カード
タイプカード。カードの種類によって内容が変わっていき、成長タイプがどのようなタイプかが分かる。

部活[編集]

一般的に言われるジョブ。それぞれ相性(ゲームでは「天敵マングースシステム」と呼んでいる。)がありそれぞれ与える、与えられるダメージが違う。

隠しメッセージ[編集]

裏技で、5人の誕生日を全員ある日にちにすると、人の顔が出てきてメッセージが流れてくる。労をねぎらうなどのものでは無く開発者の自己満足と言える不快な映像が流れる。

NAGE LIBRE螺旋の相剋[編集]

プレイステーションで発売された続編。選択部活を若干減らし、敵が女性の他にモンスターが追加された。