MicroPython

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MicroPython
Micropython-logo.svg
作者 Damien P. George
初版 2014年5月3日(5年前) (2014-05-03
最新版 1.11 / 2019年5月29日(6か月前) (2019-05-29
リポジトリ github.com/micropython/micropython
プログラミング言語 C言語
プラットフォーム ARM Cortex-M, ESP8266, ESP32, 16bit PIC, Unix, Microsoft Windows, Zephyr, JavaScript
種別 Python 処理系
ライセンス MIT license[1]
公式サイト micropython.org
テンプレートを表示

MicroPython[2](マイクロパイソン)は、C言語で記述されマイクロコントローラ上での動作に最適化された、Python 3とかなりの互換性を持つプログラミング言語処理系である[3][4]

概要[編集]

MicroPythonはマイコン上で動作する完全なPythonコンパイラおよびランタイムである。サポートされたコマンドを即時実行するための対話型プロンプト (REPL英語版) も用意されている。MicroPythonにはPythonのコア・ライブラリのみならず、低レイヤへのアクセスを提供するモジュール群も含まれる[2]

MicroPythonはもともと、2013年にKickstarterでの資金集めに成功した後、オーストラリアのプログラマ・物理学者のダミアン・ジョージ(: Damien George)により開発されたものである[5]。元のKickstarterプロジェクトではpyboardというSTM32F4英語版を搭載したマイコンボードと共にリリースされたものの、MicroPythonは多くのARMベースのアーキテクチャをサポートしている[6]。メインラインでサポートされているのは ARM Cortex-M(STM32を使用した様々なボード、TI CC3200/WiPy、Teensy ボード、Nordic nRF シリーズ、SAMD21、SAMD51)、ESP8266、ESP32、16bit PIC、Unix、Windows、Zephyr、JavaScriptである[7]。このほか、メインラインでサポートされていない様々なシステムやハードウェア向けに数多くのフォークがある[8]

2016年にはBBC Micro:bit 向けバージョンのMicroPythonが、BBCとのMicro Bitパートナーシップの一環としてPythonソフトウェア財団により開発された[9]

2017年7月には、MicroPythonのフォークとして、教育用途および簡単に使えることを主眼にしたCircuitPythonが作成された。MicroPythonとCircuitPythonでは、サポートするハードウェアが若干異なる(例えば、CircuitPythonは Atmel SAM D21とD51をサポートするが、ESP8266はサポートしない)。現在のCircuitPython version 4.0はMicroPython version 1.9.4に基づいている[10]

2017年、Microsemi英語版はMicroPythonをRISC-V(RV32およびRV64)アーキテクチャへ移植している[11]

ソースコードはGitHub上でMIT Licenseで公開されている[12]

脚注[編集]

  1. ^ George, Damien P. (2014年5月4日). “micropython/LICENSE at master · micropython/micropython”. GitHub. 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ a b MicroPython - Python for microcontrollers”. micropython.org. 2017年8月12日閲覧。
  3. ^ Venkataramanan, Madhumita (2013年12月6日). “Micro Python: more powerful than Arduino, simpler than the Raspberry Pi”. Wired. https://www.wired.co.uk/article/micro-python 2016年12月15日閲覧。 
  4. ^ Yegulalp, Serdar (2014年7月5日). “Micro Python's tiny circuits: Python variant targets microcontrollers”. InfoWorld. http://www.infoworld.com/article/2608012/python/micro-python-s-tiny-circuits--python-variant-targets-microcontrollers.html 2016年12月15日閲覧。 
  5. ^ Micro Python: Python for microcontrollers”. Kickstarter. Kickstarter. 2016年12月15日閲覧。
  6. ^ Beningo, Jacob (2016年7月11日). “Prototype to production: MicroPython under the hood”. EDN Network. http://www.edn.com/electronics-blogs/embedded-basics/4442357/Prototype-to-production---MicroPython-under-the-hood 2016年12月15日閲覧。 
  7. ^ micropython/ports at master · micropython/micropython”. GitHub. 2019年10月22日閲覧。
  8. ^ Awesome MicroPython”. GitHub. 2019年10月22日閲覧。
  9. ^ Hands on with the BBC Micro-Bit user interface”. ElectronicsWeekly.com. 2015年7月8日閲覧。
  10. ^ CircuitPython 4.0.1 released!”. Adafruit Blog. Adafruit Industries. 2019年6月11日閲覧。
  11. ^ RISC-V Poster Preview — 7th RISC-V Workshop” (2017年11月28日). 2018年12月17日閲覧。
  12. ^ MicroPython on GitHub”. 2017年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]