lighttpd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
lighttpd
開発元 Jan Kneschke
最新版 1.4.54 / 2019年5月27日(4か月前) (2019-05-27 [1]
リポジトリ git.lighttpd.net/lighttpd
プログラミング言語 C
対応OS Unix系
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 Webサーバ
ライセンス BSDライセンス
公式サイト www.lighttpd.net
テンプレートを表示

lighttpd (ライティ[2])は高速性の重視される環境に最適化された、安全・高速で標準に準拠し、柔軟であることを指向して設計されたWebサーバである。

メモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が目的となっているため、負荷が問題な場合や、静的コンテンツを動的コンテンツと区別して送信する場合などに適しているとされる。

特徴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1.4.54 - Lighttpd”. 2019年9月28日閲覧。
  2. ^ lighttpd fly light”. 2019年3月15日閲覧。 “all of these describe lighttpd (pron. lighty)”.

外部リンク[編集]