L☆IS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

L☆IS(リス)は、日本の女性歌手グループ1996年8月デビュー、10月解散という僅か約2か月間の活動だった。

概要[編集]

  • ASAYAN』「コムロギャルソン」から生まれた、久保こーじプロデュースによる女性歌手グループ。
  • オーディションで審査を重ねるにつれ、応募してきた15000人の内テレビに出られた人が100人程だった。「その中に才能があって小室ファミリーとしても通用するキャラを持つ人がいたらもったいない」という久保とスタッフの雑談から生まれ、各年代5人ずつを3グループ・計15人で形成された[1]
  • 1996年8月28日小室哲哉のヒット曲をメドレーにした曲「Running On」(作詞:小室哲哉・前田たかひろ・MARC、作曲:小室哲哉、編曲:久保こーじ)でデビュー。使用された楽曲は「勇気」「夢」を語る歌詞を選んでいった[1]。この曲は『ASAYAN』エンディングテーマに起用された。
  • カップリングは城戸亜利抄(L☆ISのメンバーではないが、コムロギャルソン出身)による「赤い花」(作詞:藤井徹貫、作曲:木根尚登、編曲:木根尚登・久保こーじ)。
  • 最高位13位(オリコン)、14位(COUNT DOWN TV)。
  • 恒崎裕子(胡桃沢ひろこ)は当初は選抜外であったが、リーダーシップを取れる芸能経験者が居なかったので急遽加入になった。
  • kabaは「見よう見まねはできるけど、基本ができない人達だった。教えるのは難しかったけど、やるからには如何にもアイドルチックな振り付けにはしないで、現時点のダンサーらしい振り付けをできる様にこだわった」と回想し、asamiは「ダンサー出身の子はすごく練習していたのもあって、短期間でマスターしてくれた」と話している[2]
  • 1996年8月29日にタワーレコード渋谷店で行ったインストアライブが最初で最後のライブだった[3]
  • 10代が挨拶がない、やる気のなさが久保を怒らせた為、即解散になる。

「Running On」 使用曲[編集]

メンバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社スコラ刊「スコラ」1996年9月12日号「コムロギャルソンから飛びだした新ユニット L☆IS」p.108より。
  2. ^ ダイヤモンド社刊『FM STATION』1996年11月5日号「dos」pp.32-33より。
  3. ^ 学習研究社刊『東京ストリートニュース!』vol.8/1996年秋号、pp.72-73より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]