KIX-S (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KIX-S
KIX-SEP
リリース
ジャンル J-POP
ロック
レーベル アポロン
プロデュース 長戸大幸
渡辺ミキ
チャート最高順位
  • 77位(オリコン)
KIX-S アルバム 年表
KIX-S
1991年
LES=BEAT
1992年
テンプレートを表示

KIX-S』(キックス)は、女性ロックデュオであるKIX-Sの1枚目のアルバム。

内容[編集]

KIX-Sの記念すべきデビューアルバム。ページの最後に個々の自己紹介が表記されている。「STILL IN MY HEART」を除く全曲は安宅美春による自作曲である。

批評[編集]

CDジャーナルは、「コワもてのレディースロックを目指すわりにヴォーカルがかわいい。一生懸命だけど余裕がないのが辛い。」と批評した[1]

収録曲[編集]

  1. CRUSH
    編曲:井上日徳
  2. とびきりのLonely time
    作曲:安宅美春・歌川和彦、編曲:明石昌夫
  3. ロックでいかが?
    編曲:明石昌夫
  4. HURRY UP
    編曲:井上日徳
  5. DON'T LOOK BACK
    編曲:明石昌夫
  6. STILL IN MY HEART
    作曲:羽田一郎、編曲:井上日徳

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ KIX・S”. CDジャーナル. 2018年12月30日閲覧。