J. M. ウエストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

J.M.ウェストン(J.M. Weston 、またはより一般的にWeston )は、アングロサクソン系の名前の響きであるが、1891年にリモージュでブーツメーカーのエドゥアール・ブランチャード(Édouard Blanchard)によって設立されたフランスの高級靴会社。

解説[編集]

男性用の手作りの靴で有名。男性向けのモカシンで知られているほか、ハーフサイズに加えて3〜7フィートの幅を選択できるシューズを販売している。

また、ベルトやブリーフケースから荷物に至るまで、革製品のフルラインを生産している。同社の最も有名なモデルは、677チェイス(頑丈な屋外靴)、598デミチェイス(チェイスのドレッシーバージョン)、および180モカシン(古典的なペニーローファー)。J.M.ウェストンの靴は独自のブティック、またはハーベイ・ニコルズなどの高級デパートで販売されている。

歴史[編集]

創始者のエドゥアール・ブランチャードの息子であるウジェーヌは、1904年に米国 マサチューセッツ州のウェストンに行き、最新の生産技術を3年間学んだ。靴の取り付けと再装着を可能にするGoodyearの縫製技術を使用し、靴の耐久性を高め、1919年に父エドワールの死により[1]、600から80組の生産を制限することにしたのも彼だった[1]

1922年、ウジェーヌ・ブランチャードは、競馬場で出会ったパリのジャン・ヴィール[2]と力を合わせ、一緒に今日ウェストンとして一般に知られているJMウェストン・ブランドを共同で登録し、98 ブールバード・ドゥ・クールセル [3]に1932年、シャンゼリゼ通りにパリ初のブティックをオープンした。ウェストンの名前がアメリカの都市を連想させる場合、JMの理由は不明[4]

1960年、モカシンのファッションにより、1946年頃に作成された「モヒカン」と呼ばれる「180」モデルが、一般的には「ジャンソンドサイリー」とも呼ばれ、JMウェストンブランドの定番となった[5]

同社は1974年にJean-Louis Descoursに買収され、1976年にEPIを保有するファミリーに加わる[6]

1974年、JM Westonは1881年にリモージュで設立された古い品質の靴会社であるSylvestre Vincent et filsを商業ブランド(工場ではない)を購入。1891年にEdouard BlanchardがWeston会社を設立する直前は下り坂で この買収によりウェストンは、共和党警備隊のブーツや国防軍の兵士や将校の儀式用の靴の供給など軍隊(たとえば、 サンシル特別軍事学校の生徒の大きな制服の「伸縮性のある」ブーツ)の顧客でS.ヴィンセントが生き残ることを可能にしたが、ウェストンは1981年に、1860年に設立された野菜の皮なめし製品 Bastin&Fils(リモージュから約20 km、 サンレオナルドドノブラト に存在)施設を購入し産業革命の煙突は歴史的建造物に。この皮なめし工場はエドゥアール・ブランチャード[7]の始まり以来 足底のみのスキンを供給しており、 ドイツオーストリア [8]から年間約130トンの牛革を加工。靴の上部の革は主に、2011年にEPIが購入したピュイアンヴェレのフランス製革所[9]からのもので、2015年に最終的にエルメス・グループから販売された。

現在[編集]

香港のJM Westonストア。

JM Westonの社長はChristopher Descoursが務めている :

Aujourd’hui, ce sont les valeurs d’artisanat, de pérennité, de qualité et de transmission des savoir-faire français que le groupe EPI s’emploie à perpétuer dans chacune de ses autres acquisitions, toutes héritées de l’esprit particulier de cette marque de souliers.
Christopher Descours [10]

革のレーザー切断に加えて、製造は完全に手動で行われ、150〜200ステップが必要です[11]

2001年から2017年まで、ミシェル・ペリーが芸術監督だった[10]

2006年は革製品と荷物の最初のコレクションの年で 女性のための小さな限界コレクションが続き[12] 革製品の範囲は、2012年末までに広く拡大されている[13]

2008年現在、1891年に移転したリモージュの工場[14]に拠点を置いており、売上高5,000万ユーロ[15][16]で約100,000足の靴を生産しており[17][18]、220人の従業員と190人の労働者がいる[19]

J.M. Weston fournit annuellement 1,800 paires de bottes à la gendarmerie (dont la Garde républicaine[20] et les motards de la Gendarmerie mobile) et à la police nationale[21] représentent environ 5 % de la production. La marque est également connue pour chausser les hommes d'État français comme Laurent Fabius, Dominique Strauss-Kahn ou François Fillon, ainsi que les présidents de la République français Valéry Giscard d'Estaing, François Mitterrand, Jacques Chirac ou Nicolas Sarkozy[22]. Par exemple, François Mitterrand ne possédait pas moins de trente paires de mocassins Weston[23].

2010年12月、JM Westonは中国の 広東にある偽造工場を閉鎖させることに成功した[24]

現在このブランドは、フランスで約15か所、国際的には25か所の販売拠点を持っている。

PPEグループ[編集]

1974年以来、同社はChristopher Descoursが設立した家族グループEPI(European Company of Industrial Holdings)の一部であり、子供服ブランドのBonpointAlain Figaretシャツ[25]も所有している。EPI持株会社はフランソワ・パイネミシェル・ペリーシャトー・ラ・ヴェルリーAOCコート・デュ・リュベロン )ブランドも所有している。ミシェル・ペリーはまた、フットウェアJMウェストンミシェル・ペリーの芸術監督でもある。

追加のコラボレーション[編集]

ブランドは、Kitsuné [26] 、Derby 463モデルのJoséphinede La Baume 、またはColetteブティックなど、通常の範囲とは異なる製品を販売するために、他の人と時々協力する。

メモと参考文献[編集]

  1. ^ a b Fraysse, Bertrand (janvier 2012). “Le mythe Weston” (フランス語). Challenges (282): 80 à 82. ISSN 0751-4417. https://www.challenges.fr/luxe/20120105.CHA8794/les-mysteres-de-j-m-weston.html. 
  2. ^ https://netite.wordpress.com/2014/04/20/la-petite-histoire-de-j-m-weston-le-savoir-faire-madeinfrance/
  3. ^ Chronologie en 12 dates sur Les Échos.fr, Groupe Les Échos
  4. ^ Le Monde, "J.M Weston, qui chausse présidents et gendarmes, refuse de quitter Limoges pour préserver sa qualité" de Nicole Vulser, 5 mai 2009.
  5. ^ Fraysse, Bertrand (janvier 2012). “Le mythe Weston” (フランス語). Challenges (282): 80 à 82. ISSN 0751-4417. https://www.challenges.fr/luxe/20120105.CHA8794/les-mysteres-de-j-m-weston.html. 
  6. ^ « Les Descours filent vers le luxe » sur journaldunet.com.
  7. ^ Le Monde, "J.M Weston, qui chausse présidents et gendarmes, refuse de quitter Limoges pour préserver sa qualité" de Nicole Vulser, 5 mai 2009.
  8. ^ Provenance d'Allemagne ou d'Autriche justifiée par le fait que le cuir est plus épais que celui disponible en France.
  9. ^ Agathe Azzis, « Dans les ateliers de J. M. Weston » sur journaldunet.com
  10. ^ a b Frédéric Martin-Bernard, « J.M. Weston, l'art d'être constant et moderne » sur Madame Figaro, 8 novembre 2011.
  11. ^ Fraysse, Bertrand (janvier 2012). “Le mythe Weston” (フランス語). Challenges (282): 80 à 82. ISSN 0751-4417. https://www.challenges.fr/luxe/20120105.CHA8794/les-mysteres-de-j-m-weston.html. 
  12. ^ Agathe Azzis, « Dans les ateliers de J. M. Weston » sur journaldunet.com
  13. ^ Dromard, Thiébault (6 2012). “Ces grands chausseurs qui s'entourent de luxe”. Challenges (306): 34. ISSN 0751-4417.  De la chaussure à la maroquinerie, il n'y a qu'un pas que vient de franchir la marque Weston.
  14. ^ Frédéric Martin-Bernard, « un mocassin cousu main » Madame Figaro, 23 août 2007.
  15. ^ Le Monde, "J.M Weston, qui chausse présidents et gendarmes, refuse de quitter Limoges pour préserver sa qualité" de Nicole Vulser, 5 mai 2009.
  16. ^ [[{{{1}}}]] - [[ノート:{{{1}}}|ノート]]
  17. ^ [[{{{1}}}]] - [[ノート:{{{1}}}|ノート]]
  18. ^ [[{{{1}}}]] - [[ノート:{{{1}}}|ノート]]
  19. ^ Agathe Azzis, « Dans les ateliers de J. M. Weston » sur journaldunet.com
  20. ^ Frédéric Martin-Bernard (19 10 2012). "Le luxe aux pieds de la garde républicaine". madame.lefigaro.fr. Style. Le Figaro. 20 October 2012閲覧 |date=の日付が不正です。 (説明)
  21. ^ Le Monde, "J.M Weston, qui chausse présidents et gendarmes, refuse de quitter Limoges pour préserver sa qualité" de Nicole Vulser, 5 mai 2009.
  22. ^ [[{{{1}}}]] - [[ノート:{{{1}}}|ノート]]
  23. ^ Caroline Cox, Le luxe en héritage, Dunod, 2013, p. 277
  24. ^ « Weston gagne la bataille de la contrefaçon » sur Europe1.fr, 26 janvier 2011.
  25. ^ Le Monde, "J.M Weston, qui chausse présidents et gendarmes, refuse de quitter Limoges pour préserver sa qualité" de Nicole Vulser, 5 mai 2009.
  26. ^ Richard Bridgman, « J.M. Weston x Kitsuné 2011 » Matérialiste-Paris, 2011

参考文献[編集]

  • Van Cauwelaert, Didier (2011-10) (フランス語). J.M. Weston (Le Cherche Midi ed.). Paris. pp. 143. ISBN 978-2749121451 

外部リンク[編集]