一澤信三郎帆布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式會社一澤信三郎帆布
SHINZABURO HANPU Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 信三郎帆布
本店所在地 605-0017
京都市東山区高畑町602
設立 2006年
業種 製造業
事業内容 帆布製かばんの企画・製造・販売
代表者 一澤信三郎 (代表取締役社長)
外部リンク http://ichizawashinzaburohanpu.co.jp/
テンプレートを表示
一澤信三郎帆布・看板、京都市東山区
一澤信三郎帆布・信三郎帆布加工所、京都市東山区

株式會社一澤信三郎帆布(いちざわしんざぶろうはんぷ)は、京都市東山区にある布製手作りかばんの直売メーカーである。通称 「信三郎帆布」、「しんざぶ」。

2006年、一澤帆布工業株式会社の相続トラブルにより、裁判に負けて社長を解任された先代の三男が、ほぼ全ての職人と従業員を引き連れ独立し、創設した。

ロゴマークは、同社が創作した合成漢字、布へんに包と書いた「布包(かばん)」を使っている。

沿革[編集]

  • 2006年3月 - 京都市左京区に設立。
  • 2006年4月 - 同市東山区稲荷町南組(グランエターナ知恩院前1F)に開店。
  • 2008年3月 - 店舗を同区高畑町(サンコーポ東山1F)へ移転。
  • 2008年6月 - カタログ通信販売を開始。
  • 2009年2月 - 東京に初出展(伊勢丹新宿店で期間限定)。
  • 2011年4月 - 店舗を京都市東山区高畑町(旧一澤帆布工業店舗1Fおよび2F)へ移転。一澤帆布製タグ商品の復活。

商品[編集]

信三郎帆布のかばんや袋物は、純綿または本麻製の帆布と呼ばれる厚布で作られている。素朴でシンプルなデザイン、豊富な色ぞろえ、堅牢なつくりが特徴。帆布の素材感や使うほどに増す風合いなどが注目され、ファッションアイテムとしても老若男女を問わず人気が高い。

同社では、3つのブランドラインで展開。

信三郎帆布
無地の純綿帆布を使ったライン。手提げやショルダーバッグ、タウンユース向けのリュックサックなどがある。空色や桜色、若草色などの新色も加わっている。
信三郎 布包(かばん)
本麻帆布や、新たに加わった柄物の純綿帆布を使ったライン。草花文様や蔓草更紗文様、鉄腕アトムの図柄をあしらったものなどがある。
一澤帆布製
職人向けの道具入れ、昔ながらの登山系リュックサックなどがある。

店舗[編集]

信三郎帆布の販売店は、京都東山区の直営一店舗のみ。店頭販売、およびカタログによる通信販売(一部対象外の商品あり)を行っている。破損した場合には実費で修繕も受け付けている。

なお、同社の製造部門である株式会社信三郎帆布加工所の「東山工房」(京都市東山区進之町)では、職人の作業風景を窓ガラス越しに公開している。

備考[編集]

  • 帆布生地は、一澤帆布時代から引き続き、朝日加工株式会社が納入。
  • 縫製には、南極用テントの縫糸と同じ素材の糸を使用。
  • 同志社小学校の指定ランドセルや、京都俵屋旅館の備品、競馬の調教ゼッケンなども製作にあたっている。
  • 店舗入り口の「布包(かばん)」の暖簾は、永六輔の書。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]