Ginger Does'em All

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ginger does'em all
活動期間 2003年 - 現在
公式サイト [2]

Ginger Does'em All(ジンジャー・ダズエム・オール)は日本のダンスミュージック・クリエーター。

概要[編集]

  • ユニット名の由来は洋モノポルノビデオのタイトルから。
  • 2007年からのライブでは、PCを使って短いループ次々に重ねていくDJに近いスタイルを採用しているが、2011年以降は完全にDJにシフトし、ライブはほとんど行っていない[1]

人物[編集]

70年代のブラックミュージック全般、特にジャズファンク、ディスコ、ファンクおよびモータウンやフィラデルフィアのソウル、ラテン、アフロビート、レゲエ(ダブ)、その他スティーヴ・ライヒやマヌエル・ゲッチングらのミニマルな音などからの影響を受けている[2]。 近年は歌謡曲やJ-POP、アイドルポップに傾倒し、日本語曲専門のDJをメインの活動としていたが2015年よりDJは休止中。

菓子と日本酒に対する思い入れが強く、SNSでは音楽よりも菓子と日本酒に関する記述の割合のほうが多い[3]。かつてはイベント出演の際、来場者に手製の菓子(マカロンなど)を振舞うこともあった[4]

略歴[編集]

2003年にBLUNSTONE INC.より1stEP"Echo Free"をリリース。翌2004年に2ndEP"Fever in Rhythm"発売。同年tower recordのフリーペーパーbounceに「bounceが選ぶ、2004年の名盤・定盤」として掲載[5]。 2005年には初のフルアルバムとなる"nodes reversed on"をリリース。挑戦的な内容とジャケットが話題を呼ぶ。 翌2006年からはDELIC RECORDSに移籍、コンピレーションアルバムへの参加などを経て、2007年に3rdEP"Get It"をリリース。 2008年には2ndフルアルバム"Sweet Brown Addicted"を発売。2010年にはネットレーベル〈Maltine Records〉より"Scissor Girl"、"君のうんこは僕のセンチメンタル"を立て続けに発表。以降不定期ながらブラックミュージックを基調とした実験的作品を発表し続けている。アンビエント、エレクトロ系の別名義「fuaa」および、いずれにも当てはまらない曲を発表するための名義「emptylogic」でも活動中。[6]

ディスコグラフィー[編集]

EP・single[編集]

  • Echo Free !(2003年1月22日)
  • Fever in Rhythm(2004年2月19日)
  • Get It(2007年6月6日)
  • Scissor Girl(2010年2月3日)(Maltine Recordsにてダウンロード可能)
  • 君のうんこは僕のセンチメンタル(2010年5月5日)(Maltine Recordsにてダウンロード可能)
  • 00 (2016年1月16日) (bandcampにてダウンロード可能)※「emptylogic」名義
  • maturation (2016年4月16日) (bandcampにてダウンロード可能)
  • 01 (2016年10月1日) (bandcampにてダウンロード可能)※「emptylogic」名義
  • Summer Halation (2020年6月29日) (bandcampにてダウンロード可能)
  • Organ Motion(2020年11月3日)(Spotify他で配信)※fuaa名義
  • Old Memory(2020年11月30日)(Spotify他で配信)※fuaa名義
  • Unconscious(2021年1月28日)(Spotify他で配信)※fuaa名義
  • Smoke (2021年8月16日)

フルアルバム[編集]

  • nodes reversed on(2005年10月20日)
  • Sweet Brown Addicted(2008年10月6日)(Spotify他で配信)

MIX CD[編集]

  • Mizell Madness(2012年5月14日)

参加作品[編集]

  • remix & remnant / folk squat(2003年3月)
  • Synchronicity concept one WATER(2004年12月18日)
  • DELIC RECORDS presents NUMBER PIECES 2(2006年9月20日)
  • Serendipity / Pecombo(2007年3月21日)- ("十六夜"にリズムアレンジメントで参加)
  • SOUND HOUSE (2010年2月24日)(Maltine Recordsにてダウンロード可能)
  • We Love King of Pops (2010年12月25日)(bandcampにてダウンロード可能)
  • recorded girls 2nd season (2011年8月)(特設サイトよりダウンロード可能)
  • Japanese Juke&Footworks Compilation(2012年4月19日)(bandcampにてダウンロード可能)
  • EQRIPX(2012年12月31日)
  • spa wars / トーニャハーディング(2014年3月15日)
  • ベスト オブ ハバねこポッセ(2014年8月6日)
  • Emergence: Bombycoidae / Asuka Tanaka (2015年1月1日)(bandcampにてダウンロード可能)
  • Party Girl / Underboob (2016年10月10日)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]